有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

ペラサイトとは?意味や作り方についても詳しく解説【初心者におすすめ】

しかまる

ペラサイトってなに?どうやって作るの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ペラサイトのメリット・デメリットとは
  • 具体的なペラサイトの作り方7ステップ
  • ペラサイトを作る際のコツ

この記事を書く僕は、ブログ歴4年。月収は100万円を超えています。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

アフィリエイトと言うとブログだけを思いつく人が多いかもしれませんが、実際には様々な手法のアフィリエイトが存在します。やり方も違えば難易度も異なるので、場合によっては難しくて全然稼げない可能性も…。

そんなアフィリエイトの手法のひとつに、「ペラサイト」があります。ペラサイトは様々な手法の中でもアフィリエイトの基礎が詰まっていると言われているので、これから稼いでいきたい初心者におすすめの手法と言えるでしょう。

そこで今回は、ペラサイトの意味やメリット・デメリットや具体的な作り方について詳しく解説していきます!

目次

そもそもペラサイトとは?

まずペラサイトの意味を簡単に解説します。“ペラサイト”とは、基本的に1サイト(1ドメイン)につき1ページのみで完結するサイトのことです。

通常のブログアフィリエイトでは1サイト内で記事を量産して収益を上げていきます。ですが、ペラサイトで稼ぐためには1記事のみで構成されたサイトを量産する手法が一般的です。なぜサイトを量産するかというと、1サイトのみだと稼げるようになるかどうかわからないからですね。

また、ペラサイトは初心者向けのアフィリエイトと言われることも多いです。というのも、ペラサイト構築にはアフィリエイトの基礎が詰まっていて、構築しながらアフィリエイトの基礎スキルを身につけられるからですね。取り組みやすくてサイト完成までのスピードが速いのも理由のひとつです。

しかまる

人によっては、1ページのみのペラサイトを100個以上作って管理しているという方も珍しくありません。

ペラサイトのメリットとは

そんなペラサイトのメリットとデメリットを見ていきましょう。まず、メリットは以下の3つです。それぞれ深堀りして解説していきますね。

  1. サイト完成までのスピードが速い
  2. シンプルなので初心者でも取り組みやすい
  3. 他のアフィリエイトよりも比較的早く効果が出やすい

①サイト完成までのスピードが速い

まず、ペラサイトは基本的に1ページで完成するので、サイトを速く作れるのが大きなメリットです。短期間で完成するので、アフィリエイトに慣れていない方やゴールが遠すぎると心が折れてしまう方でも取り組みやすいでしょう。

具体的にどのくらい速く作れるかというと、慣れれば1~3時間前後で1サイトを作れるでしょう。もちろん書く内容や人によって異なるので一概には言えませんが、1日もあれば完成する作業量です。

ブログの場合は1つのサイトにどんどん記事を追加していくため、完成までかなり遠い道のりを歩むことになります。そのため、先が見えずに挫折してしまう人も毎年かなり多くいるのが現状…。その点、ペラサイトは完成までの道のりが明確かつ短時間で完成できるので、高いモチベーションを保ったまま完成させられるのです。

②シンプルなので初心者でも取り組みやすい

次に、ペラサイトはシンプルで初心者でも取り組みやすいメリットもあります。通常のブログアフィリエイトの場合、サイト設計をしたりジャンル選定をしたりといった細かい作業がありますよね。ここを失敗するといくら記事を書いてもなかなか稼げないので、ついつい慎重になって時間がかかりがちです。

一方、ペラサイトは1記事だけで完成するのでかなりシンプルです。万が一そのサイトで稼げなくても致命的なミスにはならないので、リスクが少ないのも初心者が取り組みやすい理由になっています。

具体的に、ペラサイトで必要な要素は主に以下3つのみ。ブログアフィリエイトで必要な要素のうち大部分を削り、特に重要な要素のみに集約しているのがペラサイトの大きな特徴でもあります。

しかまる

上記3つをしっかりと身につければ、ブログアフィリエイトに移行しても序盤から強力な武器を持った状態でスタートできますね。

③他のアフィリエイトよりも比較的早く効果が出やすい

最後に紹介するメリットは、他のアフィリエイトよりも比較的早く効果が出やすいことです。

ブログは成果が出るまで最低でも3ヶ月がかかり、長期戦が前提のアフィリエイトと言えるでしょう。もちろんペラサイトもサイト完成後すぐに成果が出るというわけではありませんが、他のアフィリエイトよりも比較的早めの2ヶ月前後で効果がではじめると言われています。理由は以下2つの通りです。

ペラサイトは、競合が少なくて売れやすいキーワードをピンポイントで狙うアフィリエイト手法です。そういったキーワードは検索結果に上位表示されるまでの時間が比較的早く、成果が出るのも早い傾向にあります。

また、商品紹介をするような収益記事のみを書くのもポイントです。ブログアフィリエイトでは集客記事としてお悩み解決記事を書くこともありますが、ペラサイトではそういった記事は一切ありません。1ページ完結型の収益記事に絞って執筆・量産することで、少ない記事数でも稼ぐチャンスを増やせるのです。

ペラサイトのデメリットとは

メリットがある一方で、ペラサイトには以下2つのようなデメリットもあります。それぞれ詳しく紹介していきますね。

  1. 大きく稼ぐことが難しい
  2. 今後稼ぎづらくなる可能性がある

①大きく稼ぐことが難しい

最初のデメリットは、「大きく稼ぐことが難しい」ということ。理由としては、ペラサイトが狙えるのは競合が少ないニッチなキーワードで、単価はそこまで高くない場合が多いからです。単価が高ければ、競合がとっくに群がっているはずですからね。

さらに、もし大きく稼げるようなジャンルやキーワードを選んでも競合に太刀打ちできません。というのも、ペラサイトは記事数が少なくて被リンクも増えにくいので、基本的にサイト自体の評価が上がりにくいからです。サイト自体の評価は検索順位にも影響するため、検索上位を取れない状況で稼ぐのはかなり厳しいでしょう。

こういった理由もあり、1サイトで大きく稼ぐことは難しいです。だからこそ、ペラサイトを運営するなら、1サイトで月数千円〜数万円稼げるサイトを作り、その規模のサイトを量産する手法がベスト。1サイトで大きく稼ごうとはせずに、量産してコツコツ収益を生み出すことがペラサイトの正攻法です。

②今後稼ぎづらくなる可能性がある

2つ目に紹介するデメリットは、今後稼ぎづらくなる可能性があること。どういうことかというと、検索順位を決めるGoogleの目指している方向性とペラサイトの方向性が異なるため、今後のアップデート次第では検索順位を下げられてしまう恐れがあるんです。

Googleでは、これまで何度もアップデートが行われてきました。その度にGoogleのコアアルゴリズムが変わり、検索順位も大きく変動しています。アフィリエイト関連で特に重要なアップデートは、主に以下2つです。

  • パンダアップデート:サイトの品質で検索順位を上下させる
  • ペンギンアップデート:低品質な被リンク集めを淘汰する

2011年に実施されたパンダアップデートは「サイトの品質」が検索順位に影響するというもので、コピーコンテンツなどの低品質なサイトの順位が下落するといった内容でした。翌年のペンギンアップデートも同様で、ブラックハットSEOを実装していたサイトを排除するようなアップデートとなっています。

Googleは、多くの人の悩みを解決できるような網羅的なサイトを評価する傾向があります。そのため、読者やGoogleのクローラーが巡回しやすいサイト構成になっているか、内部・外部リンクが貼ってあるか、良質なコンテンツが書かれているか、といった要素によって検索順位が決まっていくのです。

現状、ペラサイトは淘汰されておらず問題なく運営できていますが、Googleが目指す方向性と少しズレているのは事実。いつ淘汰の対象となってもおかしくないので、今後稼ぎづらくなる可能性がある旨は覚悟しておきましょう。

具体的なペラサイトの作り方7ステップ

ペラサイトの意味やメリット・デメリットがわかったところで、いよいよ具体的にペラサイトを作る手順について解説していきましょう。流れは主に以下7ステップとなるので、順番に解説していきます。

  1. サーバー・ドメインを選ぶ
  2. ブログを開設する
  3. 案件を決める
  4. キーワードを決める
  5. ペルソナ・ターゲットを明確にする
  6. コンテンツを作り込む
  7. ペラサイトを量産する

①サーバー・ドメインを選ぶ

ペラサイトを作る際、まずやるべきなのはサーバー・ドメイン選びです。大まかな流れは通常のブログアフィリエイトと大きく変わらないので、WordPressの始め方を参照しながら進めていきましょう。

なお、サーバーはConoHa WINGで開設するのがおすすめ。特にConoha WINGのWINGパックなら独自ドメインが無料で取得できるのでお得です。

しかまる

約15分ですべての設定が完了するので、サクッと終わらせましょう!

②ブログを開設する

サーバー・ドメイン選びが終わったら、ブログを開設していきましょう。ConoHa WINGで開設するなら、ワンクリックでWordPressのインストールもできるので試してみると良いです!WordPressのインストール後は、初期設定を簡単に済ませちゃいましょう。

また、ペラサイトを作る方法として、WordPress以外にも「ペライチ」などの有料ツールを使う方法があります。ペライチは、サーバーやドメインをこちらで用意する必要がなく、1ページ完結型でサイトが作れるサービスのこと。「スタートプラン」なら無料で1ページだけ作ることもできちゃいます。

出典:ペライチHP

WordPressを使う方が今後ブログアフィリエイトを行ううえでは勉強にもなって良いのですが、まずはサクッと始めたいという方にはペライチなどで初動のスピードを加速させるのもありですね。

③案件を決める

次に、案件(売る商品)を決めていきましょう。探し方としては、まず様々な案件を紹介している各社ASPに登録し、各種ASPのサイト上で自分に合う案件があるかどうかを探すという流れです。

探す際の条件は以下の通り。なるべく競合が少なそうな市場で条件が良い案件を探しましょう。

  • 単価:数千円〜数万円
  • ジャンル:自分が扱いやすいジャンル
  • ポイント:適度な需要があり代替がきくもの

「適度な需要があり代替がきくもの」について補足すると、まず需要がない案件だとせっかく上位表示できたとしても売れないという自体に陥ってしまいます。それだと当然、稼げません。

そして、代替がきくものを選ぶ理由は、特定の案件が急遽終了してしまっても代わりの案件を載せられるようにするため。代替できる案件は比較紹介もできるので、ランキング記事作成にも使えておすすめです。

しかまる

案件選びは重要なので、通常のブログアフィリエイトと同じく慎重に選びましょう。

④キーワードを決める

案件が決まったら、キーワード選定をしていきましょう。

キーワード選定とは

Googleで検索されたときに上位表示を狙うキーワードを選ぶ作業のこと。

通常のブログアフィリエイトと少し異なり、ペラサイトはニッチなロングテールキーワードを狙うことが重要です。

検索ボリュームが多くて競合がたくさんいるキーワードよりも、購買意欲の高いユーザーをペルソナとして想定して複合キーワードを狙いましょう。つまり極端に言えば、1日たった数PVだとしても、確実に成約していけばペラサイトとしては成功していると言えます。

例えば、「今すぐほしい」という明確な意思のある調べ物をする場合、具体的なキーワードをいくつか入力してピンポイントで検索しますよね。それと同じく、購買意欲の高い読者が検索するであろうキーワードを予測してキーワードを決めるわけです。

注意してほしいのが、収益記事でよく使われる「〇〇 口コミ」「〇〇 評判」といったキーワードはペラサイト向きではないということですね。こういったキーワードは需要も競合も多く、ライバルに太刀打ちできないので避けるべきです。

ではどういったキーワードが良いかと言うと、「需要はあるけど競合が少なそうなキーワード」です。例えば、「筋トレグッズ」を検索バーに入力したとき、サジェスト表示されるキーワードの中であまり書いている人がいなそうなキーワードを選ぶのが良いでしょう。

⑤ペルソナ・ターゲットを明確にする

5番目の手順は、ペルソナ・ターゲットを明確にすることです。案件・キーワード選びとも関連しますが、どういった読者が購入するのか徹底的に考えるのがこの段階での作業となります。

おすすめの方法は、以下の順番でペルソナ・ターゲットを決めていくこと。狙うキーワードから逆算して考えていくと、案件とペルソナがブレないように作れるはずです。

  1. 記事で狙うKWを決める
  2. ユーザーの検索意図を理解する
  3. 具体的なペルソナ(人物像)を設定する

より具体的なペルソナ設定については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね↓

⑥コンテンツを作り込む

ペルソナまで決まったら、実際にコンテンツを作り込んでいきましょう。ここがペラサイトにとって最重要な部分。適当なコンテンツでは絶対と言っても良いほど上位表示できないので、競合を圧倒的に凌駕するようなコンテンツを作り上げるつもりで記事を書いていきます。

キーワードにもよりますが、具体的には最低でも3,000文字以上を目安に書いていきましょう。情報を網羅するように書けば、文章量は競合よりも自然と増えていくはずです。ポイントはセールスライティングで書くこと。物語性などを加えて読者の共感を誘い、購入したくなるような文章を書きましょう。

他にも、読みにくさの徹底的な排除や、表や画像などのわかりやすい視覚情報など、途中で離脱されないような工夫を散りばめつつ良質なコンテンツづくりを目指すのがおすすめです。

⑦ペラサイトを量産する

あとは、ジャンルやキーワードを変えてペラサイトを量産しましょう。

何度もペラサイトを作り続けていくと、書きやすい自分なりの「型」ができてきます。その型はオリジナルのテンプレートとなるので、繰り返すうちにどんどん書きやすくなるはず。ペラサイトを量産する際は「どうすればもっとコンバージョンが増えるか」などを考え、試行錯誤を繰り返しながらテンプレを作っていきましょう。

ちなみに、量産する際の注意点は慣れてきて手を抜いてしまうこと。特に、読者の立場になって「どの情報が必要か」「余計な情報や気になる箇所はないか」といった配慮が欠けていくとコンバージョン率の低下につながるので気をつけましょう。

例えば、「〇〇とは?」といった商品の説明を長々と書くのはあまりおすすめしません。なぜなら、ニッチなキーワードで検索する方は、大抵の場合あらかじめ一定以上の商品知識がある確率が高いからです。なので余計な事前情報は省き、伝えるべき内容に集中した方が購入してもらえる確率は上がるでしょう。

しかまる

コンテンツを作り込む際、「自分が読者だったらこの情報は必要かな?」と記事を見直すクセをつけるのがおすすめです!

ペラサイトを作る際のコツ

具体的な作り方がわかったところで、コツについても補足していきます。主に3つのコツがあるので、それぞれ詳しく解説していきますね。

  1. セールスライティングを身につける
  2. 広告主のLPを参考にする
  3. ペラサイトを作ったら数ヶ月単位で放置する

①セールスライティングを身につける

コツとしてもっとも重要なのは、セールスライティングを身につけることです。

ペラサイトで稼ぐためには、特定のキーワードで検索上位に表示させ、なおかつ広告主のLP(ランディングページ)へ誘導してコンバージョンさせる必要があります。そのために必須なのが、読者の心を揺さぶるようなセールスライティングのスキルなのです。

セールスライティングについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてコンバージョン率を上げていきましょう↓

②広告主のLPを参考にする

2つ目のコツは、広告主のLPを参考にすることです。というのも、広告主のLPには案件紹介に必要なありとあらゆる情報が書かれているので、それを使えばより読者に刺さる記事になるのです。

案件によって、訴求ポイントやターゲットなどは異なりますよね。例えば同じ筋トレグッズでも、ターゲットが男性か女性かだけでも記事の書き方は変わってきます。

その点、LPを見れば、「どのターゲット層に向けた商品で、訴求ポイントが一体どこなのか」といった情報がわかります。LPの通りにペラサイトを作れば双方がブレない軸でつながるので、読者も違和感なく購入まで進めるでしょう。

③ペラサイトを作ったら数ヶ月単位で放置する

3番目のコツは、ペラサイトを作ったら数ヶ月単位で放置することです。ペラサイトは比較的早く成果が出るといっても、1ヶ月程度で成果が出るものではありません。最低でも2ヶ月、場合によってはもう少し時間がかかる可能性もあります。

通常のブログアフィリエイトなら同一サイト内で記事を量産しますが、それと同じように1つのペラサイトを放置している間に別のペラサイトを作成しましょう。

ペラサイトを作りたての段階で毎日Search Consoleを眺めて順位の浮き沈みに一喜一憂する暇があったら、その時間を使って新しいペラサイトを作る方がよっぽど有意義です。

まとめ:ペラサイトとは、初心者でも始めやすく稼ぎやすいアフィリエイト手法!

今回は、ペラサイトの意味や具体的な作り方について紹介しました。

本記事の要約

  • そもそもペラサイトとは?
    • 1サイトにつき1ページのみで完結するサイトのこと
  • ペラサイトのメリットとは
    • ①サイト完成までのスピードが速い
    • ②シンプルなので初心者でも取り組みやすい
    • ③他のアフィリエイトよりも比較的早く効果が出やすい
  • ペラサイトのデメリットとは
    • ①大きく稼ぐことが難しい
    • ②今後稼ぎづらくなる可能性がある
  • 具体的なペラサイトの作り方7ステップ
    • ①サーバー・ドメインを選ぶ
    • ②ブログを開設する
    • ③案件を決める
    • ④キーワードを決める
    • ⑤ペルソナ・ターゲットを明確にする
    • ⑥コンテンツを作り込む
    • ⑦ペラサイトを量産する
  • ペラサイトを作る際のコツ
    • ①セールスライティングを身につける
    • ②広告主のLPを参考にする
    • ③ペラサイトを作ったら数ヶ月単位で放置する

ペラサイトは、完成までのサイト完成までのスピードが速く、初心者でも取り組みやすいアフィリエイトです。

ペラサイト作成で培う知識やスキルはアフィリエイトの基礎が詰まっており、ブログアフィリエイトなどでも幅広く応用できます。しっかり身につければ、どんなアフィリエイトでも稼げるようになるでしょう。

なお、これからサイト運営やアフィリエイトで稼いでいきたい方は、ぜひ僕の公式LINEをご活用ください。

しかまる

今なら僕の公式LINEをお友達登録してくれた方限定で”アフィリエイトのノウハウ”や”有料動画3,980円分”を無料でプレゼントしています!ブログやアフィリエイトで成功するための極意を集めましたので、ぜひ覗いてみてくださいね!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる