有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【保存版】初心者がブログで月10万円の収入を得る為の完全ガイド!収益化の方法から最短で稼ぐコツまで網羅的に解説

しかまる

どうも、しかまる(@shikamarurobo)です。

本コンテンツでは、初心者がブログで月10万円の収入を目指すための『完全ロードマップ』を紹介していきます。

自宅で取り組める副業の中でも、手軽に始められるブログ。非常に夢のあるビジネスで、未経験から始めて月100万円、200万円といった数値を叩き出す人は少なくありません。実際に僕も会社員時代に副業でブログを始め、試行錯誤を積み重ねながら約1年後に10万円オーバーの安定収入を得られるようになりました。

初心者時代のブログ収入推移

さらに、現在運営している当ブログ「しかまるWebスクール」では開始1ヶ月目で約3万円、4ヶ月目で約10万円、11ヶ月目には約70万円の収益を達成。現在はブログだけで毎月400万円以上稼いでいます。

ただ、ブログは参入障壁すら低いものの、稼ぐハードルはぶっちゃけかなり高いです。1年未満で月50万円、100万円と稼いでいる人もいるなか、大半のブロガーは半年経っても1,000円すら稼げません。

現に、特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイト(ブログ)の収入は全体の約3割がゼロ、約6割が月に5,000円以下という結果が出ています。

引用:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020

では、なぜこれほどまでにブログで稼げる人が少ないのか。

それは案外シンプルで、「正しい知識」を身に付けておらず、尚且つ「間違った努力」を積み上げているからです。

稼いでいる人は、運が良いわけでもセンスがあるわけでもありません。ブログで稼ぐために必要な正しい知識を身につけ、その知識のもと「正しい努力」を積み重ねているだけです。

断言しますが、ブログは正しい知識に行動量が伴えば、月10万円ほどの収入は誰でも普通に目指せます。そして、正しいやり方で分析や改善を繰り返し、やるべきことを確実に積み上げていけば50万円や100万円といった収益も徐々に見えてきます。

実際に僕も、ブログ初心者の頃は全く稼げずに苦労しました。寝る間も惜しみ、使える時間は全てブログに注いでいたにも関わらず、結果がついてこなかったんです。「こんなに頑張っているのにどうして稼げないんだ?もうやめてしまおうか…」とまさに挫折寸前でした。

そんなとき、とあるブロガーさんからアドバイスを受け、僕は気付いたんです。「圧倒的知識不足だった…」「間違った努力をしていた…」と。そこから今までのやり方を改めて軌道修正をかけたところ、ブログの収益は爆伸びし始めました。

僕の場合は結果オーライでしたが、今思えば本当に無駄な時間を過ごしていたなと。無駄な労力を積み上げた挙句、実は全く的外れで、お金を稼げる多くの機会を無駄にしてしまいましたから。

だからこそ、今この記事を読んでくださっているあなたには、同じミスをしてほしくありません。

本コンテンツでは、そんな僕が今まで培ってきたブログ運営のノウハウを余すことなく解説しています。ブログで収益化する仕組みから具体的な方法、収入を爆上げするコツまで分かりやすく網羅的にまとめました!

本記事の内容

  • ブログビジネスの仕組み
  • ブログ運営に必要不可欠な基礎知識
  • ブログで稼ぐロードマップ8ステップ
  • 最短最速かつ少ない労力でブログを収益化するコツ
  • ブログ運営に関するQ&A
  • ブログで月10万円以上稼ぐために必要な施策

しかまるってこんな人

しかまるTwitterアカウント

「まだブログを始めてもいない」「ブログについての知識が全くない」そんなあなたでも心配はいりません。この記事を読めば、最短最速、そして少ない労力でブログを収益化する方法が全て分かります

では早速、はじめていきましょう!

目次

【前提知識】そもそもブログってどんなビジネス?

しかまる

まずは、「ブログ」というビジネスに関する基礎知識から解説していきます!

そもそもですが、ブログとはWebサイトの一種で、自分の考えや意見、物事に対する評価などを自由に述べ、何らかの情報を発信するメディアのこと。芸能人のように日々の出来事を綴るファンに向けたブログから、ネットで交流を深めるためのブログ、自分が経営しているお店を宣伝するブログまで、あらゆるタイプのWebサイトを指します。

ただ、ここでいう「ブログ」とは、お金を稼ぐことを目的としたWebサイトのこと。誰かが必要としている有益な情報を発信して自分のWebサイトに人を集め、訪れたユーザーに何らかのアクションを促して収益につなげます。

ブログで収益が発生する理由

ではなぜ、Webサイトを運営して収益化が実現するのか。

それは、新聞やテレビ、ラジオなどと同じくブログも立派なメディアだからです。新聞やテレビなどのメディアは、情報を発信したり、商品やサービスの宣伝をしたりすることで収益を生み出していますよね。ブログも同じで、自分が運営するメディア(ブログ)でコンテンツ(記事)を配信すれば、お金を稼げるんです。

とはいえ、もちろんただ記事を書いただけでお金を稼げるわけではありません。ブログで稼ぐためには、以下いずれかの仕組みを取り入れる必要があります!

  • アフィリエイト(広告収入)
  • 商品やサービスの販売
  • 本業の収入につなげる

まず、最もポピュラーなのが「アフィリエイト(広告収入)」です。広告を自分のブログに貼り付け、その広告がクリックされたり、広告をクリックしたユーザーがリンク先で商品やサービスを購入(利用)したりすると広告主から謝礼としてお金がもらえる仕組みです。

しかまる

本コンテンツでは主にこのアフィリエイトでお金を稼ぐ方法を解説していきます!

そして、ブログは自分の商品やサービスの販売により稼ぐ方法も。有料コンテンツ、専門スキル、オリジナル商品、ハンドメイド商品などをブログ内で紹介し、その販売代金でお金を稼ぐ手法です。これはどちらかというと上級者向けなので、はじめから取り入れるのはおすすめしません。「自社商品を販売する手もあるんだな」ぐらいで覚えておいてください。

また、商品販売に近い手法ですが、ブログは本業につなげて収入を得る方法もあります。例えば、ライターやデザイナーをしているならブログから依頼できるようにしたり、飲食店をしているならお店の宣伝をしたりするイメージですね。ブログから直接収入を発生させるのではなく、ブログを通じて本業の新規顧客獲得や売上・知名度のアップを狙います。

このように、ブログでお金を稼ぐためには、何らかの仕組みを取り入れないといけません。さらに、ページへ訪れたユーザーにも何らかのアクションを起こしてもらう必要があります。

つまりブログビジネスは、いかなる収益化方法を採用するにしてもまずサイトに人を集めること。そしてユーザーに行動を促すこと。この2つができてこそお金を稼げるようになるということです!

注意:ブログはすぐに稼げるビジネスではない

なお、ブログを始める前に必ず理解してほしいのが、ブログはすぐに稼げないということです。

結論から言うと、ブログで成果を出すために半年は必要だと考えておいてください。

先ほど、ブログで稼ぐためにはまずサイトへ人を集めることが大切だとお話ししました。詳しくは御述しますが、サイトへ人を集めるためには、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索をかけたときに、検索結果で記事を上位表示させる必要があります。

上位表示させるためには「SEO」という施策が必須なのですが、そもそも順位関係なく検索結果に記事を表示させるなら、まずはGoogleのシステムにあなたが書いた「記事の存在」を知ってもらわないといけません。とはいえこれは、記事を書いたからといってすぐに知ってもらえるわけではないです。実際に記事を公開してからGoogleに認知されて検索結果に反映してもらえるまでには、3ヶ月〜6ヶ月の期間がかかります。これこそが、ブログ収益化に時間がかかる理由ですね。

さらに、たとえGoogleに記事を認知してもらって人を集められるようになっても、ユーザーに「アクションを起こしてもらえる導線」ができていないとお金は発生しません。こればかりは正しいやり方を着実にこなしつつ、実際にユーザーの反応を見て分析&改善していく必要がありますから、そのような時間も考慮すると安定した収入を得られるまでに1年は見ておくべきです。

ブログは働いた分だけお金を稼げる「時間労働」ではありません。即金性もありません。ここを見誤っていると、挫折するだけです。しかし、正しいやり方で継続さえすればいずれ必ず稼げるようになります。初めは0円だった時給が、一年も経てば1万円以上になることも珍しくありません。

しかまる

ブログは「知識ゲーム」であるとともに「継続ゲーム」でもあると覚えておきましょう!

ブログ運営に必要不可欠な5つの基礎知識

さて、ブログとはどんなビジネスなのかが分かったところで、次はブログ運営に必要不可欠な5つの基礎知識もチェックしておきましょう。

  1. ブログの集客方法
  2. ブログ記事の「キーワード」について
  3. アフィリエイト(広告)の種類
  4. 効率良く稼ぐなら「特化ブログ」一択
  5. ブログで稼ぐためには「価値提供」する必要がある

①ブログの集客方法

まずは、集客方法についてです。集客はブログ運営の肝となる部分であり、ここをいかに攻略できるかが成功の鍵でもありますが、メインとなる方法は「SEO」です。

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のこと。WebサイトをGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させるための施策を指します。例えば、あなたが「自宅でできる筋トレ」についての記事を書くなら、その記事を読みたいと思っている読者が検索しそうな語句を考え、そのワードで検索されたときにあなたの記事が検索結果で上位表示されるような記事を書く。また、全体的に検索エンジンに好かれるようなサイトを作り上げる。こういった対策をSEOと呼びます。

しかまる

要は、様々な施策を講じ、検索エンジンで検索をかけたユーザーを自分のサイトへ集める手法ですね。

ブログへの集客方法は他にもありますが、この「SEO」は最もベーシックな手法。むしろ、検索エンジンからの流入なしで稼いでいくのは非常に難しいです。SEOを手抜きすると一生稼げないと言っても過言ではありません。SEOについては後ほど詳しく解説しますが、この記事を読んでくれているみなさんは例外なく必ずマスターしてください。

なお、ブログの集客方法はSEO以外にももちろん存在します。

集客方法の例

  • SNSで記事やブログをシェアする
  • 有料で広告を出してブログを宣伝する
  • メルマガでブログを宣伝する

ですが、SEO以外の手法はお金がかかることもあり、まずそもそもSNSやメルマガへ集客する必要があります。集客方法をたくさん取り入れて損はないものの、メインはあくまでもSEOだと覚えておきましょう。

②ブログ記事の「キーワード」について

SEOに関連してくるお話なのですが、ブログ記事を書く際は必ず「キーワード」を設定します。キーワードというのは、対象記事を読みたいと思っているユーザーがGoogleなどで検索をかけるときに入力する「語句」のこと。

しかまる

例えばあなたがブログの稼ぎ方について調べたければ、検索窓に「ブログ 稼ぎ方」などと入力しますよね?これが、キーワードです!

SEOで集客する場合はまずこの「キーワード」を決め、そのキーワードで検索されたときに検索結果で上位表示されるように記事を書いていきます。キーワードを決める作業を「キーワード選定」と言いますが、キーワード選定を怠ると検索表示による集客ができません。よって、いくら書いてもブログのアクセス数は伸びないですし、もちろん収益も上がりません。

なお、キーワードを選定するにあたり必ず知っておくべき知識はこちらの2つ。

  • 検索ボリュームについて
  • キーワードの種類について
  • 関連キーワードについて

検索ボリュームについて

まず、キーワードには「検索ボリューム」というのが存在します。検索ボリュームとは、そのキーワードがどのぐらい検索されているか(見込めるか)を表す数値のこと。

キーワードを決める際は、必ずこの検索ボリュームも調べておかないといけません。そもそもその対象キーワードに需要があるのか、そして実際上位表示された場合にどのぐらいの集客が見込めるかを把握するためです。数値が高いキーワードならそれだけ多くの集客が見込めますし、逆にボリュームが少ない・もしくはゼロであれば需要がないため、仮に上位表示されてもアクセス数の伸びは期待できません。

ボリュームの調べ方はいくつかありますが、ベーシックなのは「キーワードプランナー」や「Ubersuggest」といったツールで調べる方法です。

キーワードプランナーで検索した場合

特に使いやすく正確性が高いのはキーワードプランナーですので、検索ボリュームをすぐに調査できるよう事前に登録を済ませておきましょう。

キーワードの種類について

そして、キーワードは検索ボリュームの数値によって3種類に分類できます。

  • ビックキーワード:ボリューム10,000前後
  • ミドルキーワード:ボリューム1,000〜
  • ロングテールキーワード:ボリューム〜1,000

各キーワードの特徴を簡単に説明しておくと、ビックキーワードは上位表示された場合に多くの集客を見込めますが、その分ライバルが強く難易度の高いキーワード。ミドルキーワードはビックとロングテールの中間であり、上位表示されるとある程度の集客が見込めるうえ個人ブロガーでも結果を出しやすいキーワード。ロングテールキーワードは「ブログ 収益化 難しい」など3語以上組み合わさっているケースが多く、たくさんの集客は見込めないものの比較的ライバルが弱く初心者でも上位表示を狙いやすいキーワードです。

キーワードの種類

要は、これら3つはキーワードの難易度を表しています。対象キーワードを狙うか?狙わないか?の判断材料となる重要項目なので、こちらもしっかり理解しておいてください。

ただ厳密に言うとキーワードの種類は他にもあります。詳しく知りたい方は、こちらのラジオも要チェックです↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる