有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【SEOのキホン】検索意図の読み取り方や調べ方をめちゃくちゃ詳しく解説します

しかまる

検索意図って何?検索意図を読み取る方法とかあるの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SEOと検索意図の関係性
  • SEOに欠かせない検索意図の調べ方
  • 検索意図を読み取るヒント
  • 検索意図をふまえたSEOコンテンツの作り方

この記事を書く僕は、個人・法人向けのSEOコンサルティングやメディアの集客力強化などを行う会社を経営しており、これまでたくさんのお客様にご満足いただいています。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

SEOはWebページを検索上位に表示するための施策ですが、中でも検索意図の読み取りは基本です。というのも、Googleは読者満足度の高い記事を評価するからなんですね。そのためには、読者の検索意図に沿った記事を書くのがマスト。

とはいえ、どうやって検索意図を読み取れば良いのか分からない人は多いでしょう。

そこで本記事では、検索意図とSEOの関連性や、検索意図を読み取る方法を紹介します!「そもそも検索意図って何?」という人にも分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてください。 

目次

【前提知識】SEOと検索意図の関係性

まずは前提知識として、SEOと検索意図の関係性について解説します。

そもそも検索意図とは、読者がGoogle検索をする目的のこと。人は、何か知りたいことがあったり、解決したい悩みがあったりするときにWeb検索をします。例えばこんな感じ。

読者が検索する目的(検索意図)読者が検索する言葉(KW)
WordPressの設定方法が分からないWordPress 設定方法
東京駅周辺のラーメン屋を探している東京駅 ラーメン

Googleは読者のためになる記事や、読者満足度の高いコンテンツ(記事)を高く評価すると言われています。なので、検索上位を獲りたいなら、読者の検索意図を満たす記事を作るのが必要不可欠。上の例だと、「WordPressの使い方・設定方法を解説する記事」や「東京駅周辺のおすすめラーメン店を紹介する記事」などが読者にとって有益な記事と考えられます。

しかまる

SEO効果を高めるためには、読者の検索意図を読み取り、ニーズに応える必要があるんですね。

他にもSEOに有効と言われている施策はたくさんあるものの、最優先すべきなのは読者満足度の高い記事を書くことです。なので、読者の検索意図を読み取るのは始めの一歩。SEO効果を高めたいなら、とことん読者ファーストな記事を書きましょう。

読者ファーストな記事とは

話の流れ・内容、疑問の解決策、情報の網羅性などすべてにおいて読者目線で書かれたもの。

なお、以下のコンテンツでは検索意図の読み取りがどれほど重要なのかを解説しています。10分ちょっとで学習できるので、本記事を読みながら聞いてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる