有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

おすすめの記事制作代行サービス8つ【ポイントをおさえて最適な依頼先を選ぼう】

しかまる

記事制作を依頼したいけど、誰に頼めばいいんだろう…

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 記事制作代行を依頼する方法
  • おすすめの記事制作代行サービス
  • 記事制作代行サービスを選ぶときの確認ポイント
  • 記事制作代行サービスに依頼するときの注意点

この記事を書いている僕は、SEOコンサルティングの会社を運営している経営者。自社でも記事制作代行を行なっており、ライターへの発注経験も多々あります。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

サイト運営において、記事制作は多くの時間と労力を使う作業。執筆に時間を取られて思うように記事数を増やせなかったり、サイト分析やリライトなどの施策に手が回らなかったりする人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、記事制作代行サービス。記事執筆を他のライター(企業)に依頼すれば、効率的にサイトの記事数を増やし、空いた時間で他の作業ができます。

とはいえ、誰に頼めばいいのかわからないと思うので、本記事ではおすすめの記事制作代行サービスを紹介します。記事制作代行を選ぶときのポイントや、依頼するときの注意点もあわせて紹介するので、依頼するときの参考にしてください!

目次

記事制作代行を依頼する方法は2種類

まず、記事制作代行を依頼する方法は、主に以下の2つ。

記事制作代行の依頼方法

  1. クラウドソーシングで依頼する
  2. 記事制作代行会社に依頼する

①クラウドソーシングで依頼する

1つ目は、依頼者(あなた)とワーカー(ライター)を繋ぐクラウドソーシングサービスで依頼する方法です。

クラウドソーシングは、サイト内で記事制作者(ライター)を募集すると、興味を持った人が応募してくれる仕組み。発注者は、応募者の中からライターを選んで記事制作を依頼できます。

なお、クラウドソーシングサービスには以下のメリットとデメリットがあります。

クラウドソーシングのメリット

  • 費用が比較的安い
  • たくさんのワーカーの中から選べる

クラウドソーシングのデメリット

  • ライターのスキルにバラつきがある
  • ライターの募集や管理は発注者が行う

クラウドソーシングサービスは費用が安めな反面、ライターの見極めや管理、サイト設計、記事のチェックなど、発注者のやるべきことが多い側面があります。なので、ある程度のデレクション能力を持っている人向けかもしれません。

②記事制作代行会社に依頼する

2つ目は記事制作代行会社(記事制作を請け負っている会社)に依頼する方法です。会社に依頼するなら、クラウドソーシングのようにライターを募集して管理する必要がありません。つまり、あなたは「こんな記事を書いて欲しい」と依頼するだけで良いということ

また、記事のチェックやSEOコンサルなど、記事制作以外の工程を依頼できる会社もあるので、サイト運営全般を依頼したいときは、それらの業務に対応してる会社を選びましょう。ただ、当然ながら記事制作だけを依頼するより料金がかかります。

なお、記事制作代行会社のメリットとデメリットは以下の通り。

記事制作代行会社のメリット

  • 記事の質が高い
  • 記事制作の工程を管理してくれる
  • SEOコンサルやサイト分析も依頼できる場合がある

記事制作代行会社のデメリット

  • 費用が高め
  • 担当者との相性が合わない場合がある

記事制作代行会社では、ライティングのノウハウがあるディレクターが作業を管理しているので、記事の品質が高い傾向があります。

しかまる

ライターの管理が苦手な方や面倒な方は、記事制作代行会社の利用を検討してみてください!

記事制作代行の依頼におすすめのクラウドソーシングサイト3つ

各々の特徴がわかったところで、まずは代表的なクラウドソーシングサイトを3つ紹介します。

クラウドソーシングサイト

①クラウドワークス

は、国内シェア、取引数、ユーザー数がNo.1のクラウドソーシングサービス。2022年6月現在、ライターだけでも10万人以上が登録しています。ライターを募集するときも、わりとすぐにライターが見つかるでしょう。

クラウドワークスの概要

運営会社株式会社クラウドワークス
URLhttps://crowdworks.jp/
料金の目安手数料・登録費用なし
1文字0.1円〜
依頼方法プロジェクト形式
タスク形式
コンペ形式
スカウト形式

登録方法としては、まずにアクセスし、「今すぐ会員登録する」を選択してください。

メールアドレスを入力して「会員登録する」を選択すると登録完了です。

登録後、「クラウドワーカーを探す」からライターを募集できます。

なお、クラウドワークスは独自のWebライター検定を設けているので、検定合格者のみを募集したり、応募条件に「ライター検定〇級以上保持者」と設定したりできます。

②ランサーズ

ランサーズは、顧客満足度No.1のクラウドソーシングサービス。2022年6月現在、約1.3万人のライターが登録しています。

ランサーズの概要

運営会社ランサーズ株式会社
URLhttps://www.lancers.jp/
料金の目安手数料・登録費用なし
1文字0.1円〜
依頼方法プロジェクト形式
タスク形式
コンペ形式
スカウト形式

登録するときは、ランサーズにアクセスし、「会員登録する」を選択してください。

メールアドレスを入力して「無料で会員登録する」を選択すると、登録完了です。

会員登録すると「フリーランスを探す」からライターを募集できます。

ちなみに、実績のあるライターは「認定ランサー」のバッジが表示されているので、ハイレベルのライターに直接依頼が可能です。

③シュフティ

シュフティは、結婚や出産を機に自宅で過ごす時間が増えた女性が多く利用しているクラウドソーシングサービス。隙間時間をうまく使って活動しているライターも多いです。

シュフティの概要

運営会社株式会社うるる
URLhttps://app.shufti.jp/
料金の目安手数料・登録費用なし
1記事100円〜
依頼方法プロジェクト形式
タスク形式

シュフティでライターを募集するときは、シュフティにアクセスして、「無料会員登録はこちら」を選択しましょう。

下記の必要項目を入力して、「無料で登録する」を選択すると登録完了です。

登録完了後、「仕事を発注したい方」からライターを募集できます。

女性向けや主婦向けのメディアを運営している方は、実体験をもとにした独自性の高い記事を書いてもらいやすいのでおすすめです。

記事制作代行の依頼におすすめの会社5つ

続いて、おすすめの記事制作代行会社を5つ紹介します。

記事制作代行会社

①サグーワークス

サグーワークスは、大手の記事制作代行会社。すでに3,700社がサグーワークスに記事制作を依頼しており、Webサイトの集客やコンテンツマーケティングなど実績が豊富です。

サグーワークスの概要

運営会社株式会社ウィルゲート
URLhttps://works.sagooo.com/
料金の目安オンライン発注プラン:1文字0.75円〜
オーダーメイドプラン:1文字1.2円〜
提供サービスオンライン発注プラン(1記事から発注可)
オーダーメイドプラン(30万円から対応)

上記のように記事制作だけのプランと、SEOコンサルやサイト設計などから行うプランがあるので、希望に合わせて依頼できます。依頼するときは、サグーワークスのサイトから問い合わせると、会社の担当者に相談できます。

②サムライト

サムライトは、企業向けのコンテンツマーケティング支援会社。コンテンツマーケティングの相談会やWebメディアも運営しているので、サイト運営で困ったときに相談しやすいのが特徴です。

サムライトの概要

運営会社サムライト株式会社
URLhttps://somewrite.com/
料金の目安月額50万円〜
提供サービスオウンドメディア運用設計
コンテンツ制作
コンテンツ流通 など

上記のように、ライティングだけでなく、リサーチやサイト設計、サイト分析など、サイト運営に必要な支援を幅広く行なっているので、サイト運営の知識がない方におすすめです。依頼するときは、サムライトのサイトにある応募フォームから相談しましょう。

③サクラサクマーケティング

サクラサクマーケティングは、SEO専門の記事制作代行会社。社内にプロライターやディレクター、校正スタッフと専門性の高い人材が揃っているので、信頼度が高いのが特徴です。

サクラサクマーケティングの概要

運営会社サクラサクマーケティング株式会社
URLhttps://www.sakurasaku-marketing.jp/
料金の目安SEOコンサルティング:30万円〜
記事制作:1記事6万円〜
提供サービスコンテンツマーケティング支援
記事制作プラン
企画制作プラン
校正・編集プラン など

キーワード選定からライター選定、校正、執筆、編集、分析まで、サイト運営をトータルサポートしているので、記事制作以外の作業も依頼したい方におすすめです。サクラサクマーケティングに依頼する場合は、公式サイトの問い合わせフォームから相談してください。

④株式会社沖プロ

株式会社沖プロは、記事制作からメディアコンサルまで行っている記事制作代行会社。沖プロの独自研修を受講したプロフェッショナルWebライターが、企画から制作、サイト設計、運営までトータルサポートしてくれるので、安心して依頼できます。

株式会社沖プロの概要

運営会社株式会社沖プロ
URLhttps://www.proof0309.com/okipro/
料金の目安応相談
提供サービスSEO記事制作
Webメディアコンサル

高品質な記事制作を大量に発注したい方や、SEOを考えた記事制作を依頼したい方におすすめです。株式会社沖プロに依頼するときは、公式サイトのお問い合わせから相談してください。

⑤EXTAGE株式会社

最後は、僕が経営するEXTAGE株式会社です。弊社ではSEOコンサルティングをメインに行なっていますが、記事制作代行も請け負えます。

EXTAGE株式会社の概要

会社名EXTAGE株式会社
URLhttps://www.extage-marketing.co.jp/
料金の目安応相談
提供サービスSEOコンサルティング
記事制作

SEO、記事制作、Lステップ構築代行などダイレクトマーケティングを駆使してお客様をサポートしています。ご相談の際は、問い合わせフォームからご連絡ください。

しかまる

優秀なスタッフを揃えてお待ちしてます!

記事制作代行を選ぶときの確認ポイント3つ

次に、記事制作代行を選ぶ際に確認すべきポイントを3つ紹介します。

選ぶときの確認ポイント

  1. 得意分野・専門分野
  2. 記事のクオリティ
  3. SEOの知識

ポイント①得意分野・専門分野

記事制作代行をお願いするときは、依頼する相手の得意分野や専門分野を確認しましょう。というのも、得意分野や専門分野が合っていない会社やライターに依頼すると、記事の質が低くなる恐れがあるからです。

また、医師や弁護士など専門家にチェックしてもらって記事の信頼性を高めたい場合は、監修者との繋がりがある会社への依頼が必須。こちらも専門分野が異なると対応が難しいので、事前に確認しておきましょう。

なお、会社に依頼する場合は、ホームページから専門分野や得意分野を確認できることが多いです。もしわからない場合は、直接問い合わせてみてください。また、クラウドソーシングで依頼するときは、「〇〇での業務経験がある」「〇〇の資格を持っている」など、条件をつけて募集すると良いでしょう。

ポイント②記事のクオリティ

続いて、サンプル記事やポートフォリオを見て記事のクオリティを確認してください。

特にクラウドソーシングで記事制作を依頼する場合、ライターによって記事のクオリティが異なります。なのでテストライティングを実施するなどして、ライターの実力を図るのがおすすめ。

一方、記事制作代行会社は会社のディレクターが記事をチェックしているので、ある程度のクオリティは担保されます。ですが、文章の好みや相性が違って納得のいく記事ができないこともあるので、サンプル記事を確認したほうが良いでしょう。

ポイント③SEOの知識

また、依頼する人にSEOの知識があるかどうかも確認しましょう。

というのも、記事制作の目的は、記事を検索上位に表示させて読者を集める場合が多いです。上位表示を狙うためにはSEOが欠かせないので、知識や実績があるかどうかを確認してください。

会社に依頼するなら、まず、その会社のホームページを見て実績を確認しましょう。もし実績が掲載されていないなら、問い合わせが必須。また、ライターに直接依頼する場合は、応募条件に「SEOの知識がある人」「SEOライター」などと記載しておくと、条件を満たすライターのみに絞れます。

しかまる

信頼できる会社やライターなのか、しっかり見極めて依頼しましょう!

記事制作代行を依頼するときの注意点3つ

最後に、記事制作代行を依頼するときの注意点を3つ紹介します。

依頼するときの注意点

  1. 作業範囲を明確にする
  2. 記事数と納期を決めておく
  3. 連絡可能な時間帯を聞いておく

注意点①作業範囲を明確にする

まず、作業範囲を明確にすること。

というのも、記事制作には以下の作業工程があるからです。

  • リサーチ
  • KW選定
  • 構成
  • 執筆
  • CMS入稿
  • 画像選定
  • 修正

指定していない工程までお願いすると、トラブルに発展する可能性があります。なので募集時には、「記事執筆のみ」「構成・執筆・CMS入稿まで」など、どこまで依頼するのかを明確にしておきましょう。

注意点②記事数と納期を決めておく

続いて、記事数と納期を決めておきましょう。効率的にサイトの記事数を増やすために依頼しているのに、思うようにサイトの記事が充実しないといった事態を避けるためです。

そのためには、依頼する前に記事制作スケジュールを明確にしておかなくてはいけません。例えば、「来月末までに10記事完成させる」などですね。スケジュールが明確になれば、月末までに予定の記事数を完成させるために、ライターの納期を月末の1週間前に設定するなどの対応ができます。

また、1ヶ月間に執筆可能な記事数なども事前に確認しておくと尚良しです。そうしておけば、継続して記事執筆を依頼するときに、記事数や納期を設定しやすいでしょう。

注意点③連絡可能な時間帯を聞いておく

最後に、クラウドソーシングを利用する場合は、ライターに連絡がとれる曜日や時間帯を聞いておきましょう。なぜなら、クラウドソーシングサイトに登録しているライターの中には副業で記事を書いている人もいるからです。

副業ライターは連絡可能な時間帯が限られていることが多いので、あらかじめ確認しておくと「連絡しても返事がこない」などのストレス要因を避けられるでしょう。

しかまる

トラブル回避のためにも、これらの注意点に気をつけましょう!

まとめ:記事制作代行サービスを利用して効率よくサイトを充実させよう

今回は、制作代行サービスの内容や依頼先の探し方などを紹介しました。

本記事の要約

記事制作を外注すれば、短期間でサイトの記事数を増やせます。さらに、それまで記事制作に費やしていた時間をリサーチや分析、他のコンテンツ制作などに使えば、売り上げをより大きくすることもできます。

しかまる

記事制作代行サービスを利用して、効率よく収益を増やしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる