有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【収入爆上がり】フリーランスのWebライターを目指すロードマップ

しかまる

フリーランスのWebライターにはどうすればなれるの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • そもそもフリーランスとは?
  • フリーランスWebライターの主な仕事内容
  • フリーランスWebライターを目指す具体的な手順5ステップ
  • フリーランスのWebライターとして稼ぎ続ける3つのコツ
  • フリーランスのWebライターとして働く注意点2つ

この記事を書く僕は、歴4年のブロガー。ライティングスキルはもちろんのこと、Webライターへの仕事発注も行っています。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

最近ではWebライターを始める方が急激に増加しており、会社を辞めライター業で独立する方も増えてきました。

独立すると作業やスキルアップの時間を多く取れるため、さらなる収入アップも不可能ではありません。

そこで今回は、フリーランスのWebライターになりたい方向けに、仕事内容や目指す具体的な手順、注意点などについて詳しく解説していきます!

目次

そもそもフリーランスとは?

フリーランスとは、会社や組織に属さず自分で仕事の受注から納品までを行う働き方のこと。WebライターをはじめとしたWeb系の職業に多くみられます。

会社に属さないため、決まった職場や勤務時間などはありません。契約先の企業または個人から受注した案件を決められた納期できちんと納品できれば、働く場所・時間は自由です。正社員のように固定の給料ではないため、自分の活動に応じて収入はどんどん上がっていくでしょう。

ただし、会社に属さない=労働基準法の適用外ということです。つまり、確定申告や社会保険料・税金の支払いなど全て自己責任で行わなければなりません。

しかまる

フリーランスを目指すなら、このような懸念点も理解しておきましょう!

フリーランスWebライターの主な仕事内容

次に、フリーランスWebライターの主な仕事内容について紹介していきます。

結論から言うと、フリーランスWebライターの仕事はインターネット上に文章を執筆していくこと文章を執筆すると言っても、その執筆ジャンルは多岐に渡ります。

  • SEO記事(Google検索で上位表示を狙う記事)
  • コラム記事
  • ニュース記事
  • 取材記事
  • YouTubeの台本
  • メルマガ

各ジャンル共通して、クライアントが求める文章を執筆します。着手する仕事によって必要なスキルは異なりますので、適宜技術を磨いていく必要があります。

しかまる

独立する前に、自分の得意ジャンルをつくっておきましょう!

フリーランスWebライターを目指す具体的な手順5ステップ

では、完全未経験からフリーランスWebライターとなるにはどのような手順を踏めば良いのでしょうか。

結論から言うと、以下の5ステップです。

  1. ライティングを勉強する
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. 実際に仕事を受注し実績をつくる
  4. 高単価も狙える直接契約の案件を獲得する
  5. フリーランスとして独立する
しかまる

それでは、順番に解説していきます!

ステップ①ライティングを勉強する

まずは、Webライターに最も重要なライティングを勉強していきましょう!

Webライターとして活動していくためには、クライアントの求める記事を執筆するライティングスキルが必要です。当然ですが、ライティングスキルがなければ仕事は獲得できません。

ライティングスキルを学ぶ主な方法は以下のとおりです。

  • 本・書籍
  • ブログ
  • YouTube
  • スクール
しかまる

ちなみに、僕のブログでライティングスキルを高めるコツを紹介しているので、こちらもチェックしてみてください!

ステップ②クラウドソーシングに登録する

次に、クラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業や個人と仕事を受けたい個人が繋がれるビジネスマッチングサービスのこと。多くのWebライターが最初に利用するプラットフォームです。

クラウドソーシングと言っても数多くのサービスがありますが、まず以下の2つには必ず登録しておきましょう。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ

上記の2つは、クラウドソーシングの中でも国内最大級のサービスです。案件数や利用ユーザー数、発注者数も非常に多いため、案件獲得がしやすいと言えます。

しかまる

無料で利用できますので、すぐに登録を済ませておきましょう!

ステップ③実際に仕事を受注し実績をつくる

そして、クラウドソーシングで実際に仕事を受注し、ライター実績をつくりましょう!

まず最初に狙うべき単価の目安は、文字単価0.5〜1円程度。先ほど紹介したクラウドワークスやランサーズには、文字単価0.5〜1円の案件がたくさんあるので、自分が挑戦できそうなジャンルの案件に提案してください。

なお、クラウドソーシングで案件を獲得する際には提案文と呼ばれる履歴書のようなものを提出する必要があります。

提案文の書き方についてはこちらの記事で解説してますので、あわせて読んでみてください↓

ステップ④高単価も狙える直接契約の案件を獲得する

クラウドソーシングでライター実績を積んだら、直接契約の案件獲得を目指しましょう。

直接契約とは、発注者とあなたが直接仕事内容や報酬などの擦り合わせを行い契約する方法のこと。クラウドソーシングの案件と比較すると、高単価案件が多い特徴があります。

フリーランスとして活動していくにあたり、安定した収入は必要不可欠。直接契約なら継続依頼をしてもらいやすく、質の高い記事を納品さえすれば単価アップも狙えます。

なお、直接契約の主な獲得手段は以下のとおり。

  • Twitterで探す
  • 求人サイトで探す
  • Webメディアに直接応募する

特に、Twitterでは「#ライター募集」のようなハッシュタグをつけて、ライター募集しているツイートを頻繁に見かけます。

しかまる

直接契約を掴み取るために、Twitterにも力を入れてみてください!

ステップ⑤フリーランスとして独立する

直接案件を獲得し継続的な依頼をもらえるようになれば、フリーランスとして独立も可能です!

ただし、独立して生計を立てていくためには安定した収入が必要でしょう。そのため、まずは何がなんでも月20万円程度は稼げるように取り組んでみてください。

なお、収入を安定させるためには以下を重視すべきです。

  • 記事の質
  • 単価
  • 執筆スピード
しかまる

質の高い記事を早く書き、単価も上がれば安定した収入を得られるようになります!

フリーランスのWebライターとして稼ぎ続ける3つのコツ

次に、フリーランスのWebライターとして稼ぎ続けるためのコツを3つ紹介していきます!

  1. WordPressを使いこなせるようにしておく
  2. Twitterの運用にも力を入れる
  3. できることを少しづつスケールアップしていく

コツ①WordPressを使いこなせるようにしておく

まず、WordPressは確実に使いこなせるようになりましょう。

というのも、WebメディアのほとんどはWordPressで開設されており、Webライティングとセットで入稿もお願いされるケースが多いからです。つまり、WordPressの使い方が分からなければ、取り組めない仕事も多くなってしまいます。

では、WordPressの使い方はどのようにして習得すれば良いのでしょうか?

結論から言うと、WordPressで自身のブログを開設して運営するのが最も手っ取り早いです。自分のブログを運営していく中で、記事の執筆や投稿、管理まで一貫して経験できます。

しかまる

僕のブログでは「ブログ運営」に関するノウハウもたくさん紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!

コツ②Twitterの運用にも力を入れる

フリーランスとして稼ぐなら、Twitterの運用にも力を入れましょう!

先ほども少し述べましたが、直接契約のチャンスはTwitterに多くあります。正直、フリーランスで活動していくなら、Twitterを使用しない手はありません。

さらに、Webライターとして既に稼いでいる方と交流するきっかけも掴めます。積極的に交流をし、様々な情報から知識のインプットができればさらなるレベルアップも図れるでしょう。

しかまる

SNS運用を頑張れば、さらなる収入アップも見込めます!

コツ③できることを少しづつスケールアップしていく

フリーランスとして稼ぎ続けるためには、常にスキルアップが欠かせません

継続して勉強を行い、自分にできることが増えれば当然仕事の幅も広がります。「SEO記事やメルマガ、セールスライティングもできます…!」というライターがいれば多くの発注者から重宝されるでしょう。

地道にコツコツと継続していく必要はありますが、間違いなく周りのライターと大きな差がつきます。

しかまる

現状に満足せず、コツコツとスキルアップをしていきましょう!

フリーランスのWebライターとして働く注意点2つ

最後に、フリーランスのWebライターとして働く際の注意点を2つ紹介します。

主な注意点は以下の2つ。

  1. いきなりフリーランスになるのはハードルが高い
  2. リスク分散といってクライアントを増やしすぎない

注意点①いきなりフリーランスとなるのはハードルが高い

まず、いきなりフリーランスとして独立するのは絶対におすすめしません。

というのも、実績のない中でフリーランスになっても仕事の依頼は中々こないからです。

特に会社員の方は、まず副業としてライターの仕事を受注してみましょう。仮に自分のイメージしたものと違っていたとしても、本業があればいつでも軌道修正できます。

しかまる

まずは自分に適性があるかどうかを確かめるところから始めてください!

注意点②リスク分散といってクライアントを増やしすぎない

フリーランスで活動するにあたり、いつ契約が切れるかと不安になることも少なくありません。しかし、収入のリスク分散でクライアントを増やしすぎるのは逆効果です。

というのも、クライアントを増やせば増やすほど1つのクライアントに当てられるリソースも分散されてしまい、質の低下に繋がるからです。

クライアントワークで最も重要なのは、信頼を勝ち取ること。記事の質が低くなれば、当然信頼を失いかねません。

しかまる

自身のリソースをきちんと確認し、質の高い記事を書ける範囲で仕事の獲得を目指しましょう!

まとめ:まずは副業から始めて一人前のフリーランスWebライターを目指そう!

というわけで今回は、フリーランスのWebライターになりたい方向けに、仕事内容や目指す具体的な手順、注意点などについて解説しました。

本記事の要約

  • フリーランスとは、会社に属さず自分で仕事の受注から納品までを行う働き方のこと
  • フリーランスWebライターの主な仕事内容はSEO記事やメルマガなどの執筆
  • フリーランスWebライターを目指す具体的な手順5ステップ
    • ライティングを勉強する
    • クラウドソーシングに登録する
    • 実際に仕事を受注し実績をつくる
    • 高単価も狙える直接契約の案件を獲得する
    • フリーランスとして独立する
  • フリーランスのWebライターとして稼ぎ続ける3つのコツ
    • WordPressを使いこなせるようにしておく
    • Twitterの運用にも力を入れる
    • できることを少しづつスケールアップしていく
  • フリーランスのWebライターとして働く注意点2つ
    • いきなり独立しない
    • クライアントを増やしすぎない

完全未経験の方でも、コツコツと継続していけばフリーランスのWebライターになるのも不可能ではありません。また、月収50万円以上を稼ぐライターも多くいますので、一般的なサラリーマン以上の収入を稼ぐことも十分可能でしょう。

しかまる

今回紹介した手順を参考に、フリーランスとしての働き方を手に入れましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる