有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【SEO分析に必須】RankTrackerの導入から初期設定までを徹底解説

しかまる

RankTrackerを導入したいけど、どうやって導入すればいいの?初期設定も難しそう…。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • RankTraker無料版と有料版の違い
  • 無料版RankTrackerの導入から初期設定方法
  • 有料版RankTrackerの導入方法
  • 有料RankTrackerの初期設定方法

この記事を書く僕は、ブログ歴4年。月収は100万円を超えています。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

RankTrackerとは、ブログの検索順位チェックツールです。自分のサイトが何位に表示されているのかを把握できるため、SEOに必須といえます。

とはいえ、「RankTrackerを導入したいけど、どのような設定すればいいかわからない」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、 RankTracker無料版・有料版の導入から初期設定方法までを解説します!

ブログで稼ぐ極意を限定公開中!

しかまる

今なら僕の公式LINEをお友達登録してくれた方限定で”ブログのノウハウ”や”有料動画3,980円分”を無料でプレゼントしています!ブログやアフィリエイトで成功するための極意を集めましたので、ぜひ覗いてみてくださいね!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする

目次

【前提知識】RankTracker無料版と有料版の違い

まずは、RankTracker無料版と有料版でできることを紹介します。

  1. 無料版の機能
  2. 有料版の機能

①無料版の機能

無料版RankTrackerの機能は、以下の通りです。

  • キーワード順位チェック
  • 競合サイトの調査(競合1サイトのみ)
  • キーワード分析
  • キーワードプランナー
  • データインポート(txt/csv)

無料版では競合の検索上位キーワードを抽出できるので、キーワード分析に役立ちます。上位表示しやすいキーワードを見つけられたり、今後狙うべきキーワードがわかったりするでしょう。なので、キーワード分析をメインにするなら無料版でも十分と言えます。

また、無料版でもキーワードを登録すれば、検索順位のチェックは可能です。ただ、検索した順位を保存できないため、継続的に追跡ができません。RankTrakerで順位変動を把握したいなら、有料版にアップグレードする必要があります。

②有料版の機能

一方、有料版RankTrackerは無料版でできることに加えて、様々な機能にも対応しています。

特に便利な機能はこちらの3つ。

  • プロジェクトの保存
  • 検索順位のスケジューリング
  • 複数の競合サイト調査

競合を分析するだけなら無料版でも十分ですが、検索順位の変動を確認したいのであれば有料版がおすすめです。あらかじめスケジュールを設定しておけば自動で検索順位を測定してくれるので、最新の順位をチェックしやすくなるでしょう。

なお、同じ検索順位チェックツールのGRCとRankTrakerの違いを以下の記事で解説しています。導入を迷われている方は、参考にしてみてください↓

【無料版】RankTrackerの導入から初期設定3ステップ

ここからは、無料版RankTrackerの導入から初期設定までを3つのステップに分けて解説します。

  1. 無料版RankTrackerをダウンロードする
  2. 無料版RankTrackerをインストールする
  3. 初期設定を行う

①無料版RankTrackerをダウンロードする

まず、RankTrackerの公式サイトから無料版をダウンロードしましょう。「名前」「メールアドレス」を入力して、「RANK TRACKERをダウンロードする」をクリックします。  

以下のような画面になったら「ダウンロード」を押して、ステップ1は完了です!

②無料版RankTrackerをインストールする

RankTrackerをダウンロードしたら、パソコンにインストールしましょう。以下のような画面が表示されたら、「Japanese」を選択して「OK」をクリックします。

「設定画面へようこそ」の画面が表示されたら、「次へ」をクリック。

「ライセンス契約書」を一読し、内容に同意できれば「同意する」をクリックします。

今回は、RankTracker以外不要なので、すべてのチェックを外して「次へ」をクリックしてください。

RankTrackerをインストールしたい場所を選んだら、「インストール」をクリックします。

次の画面で「完了」をクリックすると、RankTrakerのインストールは終わりです!

③初期設定を行う

インストールが完了すると、自動でRankTrackerが起動します。以下のような画面が表示されるので、自分のサイトURLを入力して「完了」をクリックしてください。

すると、画面が切り替わるので、次は検出したいキーワードを手動で追加していきます。まずは「Add Manually」をクリックしましょう。

検索順位が知りたいキーワードを入力します。後から追加・変更できるので、とりあえず思いつく言葉を入力しておけばOKです!入力したら「次へ」をクリックしましょう。

検索エンジンを選択する画面が出てくるので、「検索エンジンの管理」をクリック

表示された検索窓に「japan」と入力しましょう。

以下のような画面が出てくるので、「Google.co.jp」「Google.co.jp(Mobile)」「Yahoo.co.jp」の3つを選択して「OK」をクリックします。

前の画面に戻るのでUSAのチェックを外して、Japanの検索エンジンにチェックを入れましょう。

しかまる

最後に「OK」をクリックすれば無料版の初期設定は完了です!

【有料版】RankTrackerの導入方法

ここからは、有料版にアップグレードする方法を解説します。無料版では物足りないと感じた人は、以下の手順に沿ってライセンスを購入しましょう。

まずは、RankTrackerの公式サイトへアクセスして「注文」をクリックします。

ライセンスの選択画面が出てくるので、家庭向けであるPROFESSIONALの「今すぐアップグレード」を押します

支払いの画面が出てくるので、好きな決済方法を選んで必要な項目を入力してください。すべての項目を入力したら、「ORDER NOW」をクリックします

ライセンスの購入が完了したら、支払方法の入力画面で登録したメールアドレス宛に「ライセンス」と「ライセンスキー」が送られてくるので確認しましょう。その後、インストールしたRankTrackerを開き、「ヘルプ」→「情報を登録」をクリックします。

すると、以下の画面が出てくるので、先ほど取得した「ライセンス」と「ライセンスキー」を入力して「OK」を押します。これで、有料版へのアップグレードは完了です。

しかまる

ライセンスとライセンスキーが記載されたメールは誤って削除しないように、わかりやすい場所に保管しておきましょう!

【有料版】RankTrackerの初期設定方法4ステップ

有料版にアップグレードしたら、初期設定を行いましょう。

  1. 表示項目を絞る
  2. 検索順位の取得を100位に変更する
  3. 検索順位取得のスケジュールを設定する
  4. Googleアナリティクスやサーチコンソールと連携させる

①表示項目を絞る

まず、分析用の表示画面を作成します。RankTrackerのトップページにある「4つの四角マーク」をクリック

以下のような画面に切り替わるので、表示させたい項目を選んでいきます。

何を選べばいいかわからない場合は、以下の項目を選択しておきましょう。

  • キーワード
  • 注意
  • Google Rank
  • Google URLが見つかりました
  • Google 差異
しかまる

必要な項目を選んだら、「OK」をクリックして完了です!

②検索順位の取得を100位に変更する

次に、検索順位の取得を50位から100位に変更しましょう。RankTrackerのトップ画面上部にある「環境設定」→「ランク確認モード」をクリックします。

以下のような画面に切り替わるので、上部にある「50」を「100」に変更して完了です。

③検索順位取得のスケジュールを設定する

次に、検索順位の取得スケジュールを設定します。あらかじめ設定しておけば、指定した時間に自動で検索順位を測定してくれるようになります。RankTrackerのトップ画面より、「環境設定」→「Scheduled Tasks&Alerts」をクリック

すると、以下のような画面に切り替わるので、「+追加する」をクリックしてください。

さらに画面が切り替わったら、「検索エンジンのランキングを確認」を選択して「次へ」をクリックします。

スケジューリングするブログのURLにチェックが入っていることを確認したら「次へ」を押します。すると、タスクスケジュールの設定画面が出てくるので、測定したい日時を設定しましょう。「プロジェクトを自動保存する」にチェックを入れたら、「次へ」をクリック

画面が切り替わったら、「新しくスケジュールするタスク名を入力」に任意の名前を入力し、「完了」をクリックして終了です!

④Googleアナリティクスやサーチコンソールと連携させる

最後に、Googleアナリティクスやサーチコンソールとも連携させておきましょう。そうするとRankTrackerと情報を共有できるため、よりサイトを分析しやすくなります。まずは、アナリティクスの設定から始めましょう。RankTrackerのトップ画面より、「環境設定」→「Google Analytics」をクリックします。

画面が切り替わったら、「クリックしてアカウント設定の入力を行います」をクリックしましょう。

ログイン画面が出てきたら、以下の手順で操作してください。

  1. 空欄に自分のGoogleアカウントのメールアドレス、または電話番号を入力して「次へ」を押す
  2. Googleアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリック
  3. RankTrackerがGoogleアカウントにアクセスを要請するので、「許可」を押す

すると、以下の画面に切り替わるので、プロパティでRankTrackerに設定するブログを選択して「OK」をクリックしたら完了です。

次に、サーチコンソールの設定を行いましょう。RankTrackerのトップ画面より、「環境設定」→「Google 検索コンソール」を選択します。

以下の画面に切り替わったら、「アカウントに接続」をクリックします。

ログイン画面が出てきたら、アナリティクスの設定時と同様にGoogleにログイン、および権限許可をしてください。すると、以下のように自分のサイトURLが出てくるので「OK」をクリックしたら完了です。

まとめ:RankTrackerを導入して自身のブログを分析しよう

今回は、RankTrackerの導入方法を解説しました。

本記事の要約

  • 【前提知識】RankTracker有料版と無料版の違い
    • 無料版の機能
    • 有料版の機能
  • 【無料版】RankTrackerの導入から初期設定を3ステップで解説
  • 【有料版】RankTrackerの導入方法
  • 【有料版】RankTrackerの初期設定方法4ステップ
    • 表示項目を絞る
    • 検索順位の取得を100位に変更する
    • 検索順位取得のスケジュールを設定する
    • Googleアナリティクスやサーチコンソールと連携させる

RankTrackerはブログの検索順位をチェックできるため、SEOには欠かせないツール。初期設定の手順は多いものの、1つずつ項目を入力していくだけなので案外シンプルです。

しかまる

本記事を参考に、ぜひRankTrakerを導入し、ブログを分析してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる