有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【初心者向け】Googleアドセンスで稼ぐ方法【誰でも簡単スタート】

しかまる

Googleアドセンスで稼ぐ方法を教えてほしい…。どうすれば稼げるの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. Googleアドセンスとは
  2. Googleアドセンスの始め方
  3. Googleアドセンスで稼ぐ方法

この記事を書く僕は、ブログ歴4年。月収は100万円を超えています。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

ブログ初心者でも簡単に始められる稼ぎ方として、「Googleアドセンス」の名前を聞く方は多いのではないでしょうか?

名前は聞くものの、実際はGoogleアドセンスの始め方や稼ぐ方法がわからないというのが本音だと思います。また、Googleアドセンスではどのくらい稼げるのかという収益目安を知りたい方も多いはず。

そこで今回は、「Googleアドセンスの始め方」を解説しつつ、初心者向けにGoogleアドセンスで稼ぐ方法を紹介していきます!

ブログで稼ぐ極意を限定公開中!

しかまる

今なら僕の公式LINEをお友達登録してくれた方限定で”ブログのノウハウ”や”有料動画3,980円分”を無料でプレゼントしています!ブログやアフィリエイトで成功するための極意を集めましたので、ぜひ覗いてみてくださいね!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする

目次

Googleアドセンスで稼げる仕組みとは?

Googleアドセンスは、ブログを訪れたユーザーのニーズに最適化した広告を自動表示してくれるサービスです。

記事内に設置されたGoogleアドセンスは、検索履歴や過去の傾向から読者のニーズを判断して最適な広告を表示してくれます。例えば、筋トレについて調べていた読者に対しては、自動で筋トレ関連の広告を表示してくれます。

Googleアドセンス広告を貼っているだけで読者に最適な広告表示ができるので、ブログ初心者でも安価な金額であれば収益化しやすい広告として人気です。

また、Googleアドセンスの仕組みは以下のようなイメージとなります。

ブログ運営者に報酬が支払われるまでの流れ

  1. 販売会社(広告主)がGoogle社に広告の掲載依頼をする
  2. Googleが広告内容に違反や条件の相違がないかチェック
  3. 成約してくれそうなサイトをGoogleが選定
  4. 広告にマッチしたブログに広告を掲載
  5. 掲載された広告がクリックされる
  6. 掲載ブログにクリック報酬が支払われる

Googleアドセンスの仕組みは上記の通り。我々ブロガーは「掲載ブログ」として広告が自動表示され、クリックされると報酬が発生するという流れです。

ちなみに、クリック単価はジャンルによって異なりますが、平均のクリック単価は20~30円。例えば金融や転職といったジャンルは報酬が高く、多いときはワンクリック1,000円台にいくこともあります。

Googleアドセンスについてより詳しい内容は動画で解説していますので、気になる方はこちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

Googleアドセンスの始める方法と稼ぎ方

YouTubeでも徹底解説

Googleアドセンスの始め方2ステップ

Googleアドセンスを始めるためには、まず独自ドメインを用意してGoogleアドセンスの審査に合格する必要があります。以下の順番で進めていけば始められるので、ひとつずつ取り組んでいきましょう。

  1. 独自ドメインを取得する
  2. Googleアドセンスの審査を受ける

①独自ドメインを取得する

Googleアドセンスを行うには審査に合格する必要があります。審査の合格基準のひとつに「独自ドメインを使っていること」があるので、注意点を踏まえたうえで独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインの例

  1. https://shikamaru.com/
  2. https://kinniku.com/

ドメインはブログの住所のようなもの。ブログのジャンルなどを端的に表したり、自分の名前を入れたりして自分のドメインを用意します。

ただし、無料ブログやサーバーのおまけドメインはGoogleアドセンスの審査に通らないので注意しましょう。

ドメインの値段はピンキリですが、安いものでは年間1,000円くらいで使えます。独自ドメインを用意するなら、無料で独自ドメインが取得できてサーバーも契約できる「」で選ぶのがおすすめです。

独自ドメインの取得やブログの開設方法については、以下の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてくださいね↓

②Googleアドセンスの審査を受ける

Googleアドセンスの審査の流れは主に以下の4つです。

審査の流れ

  1. Googleアカウントを作成(無料)
  2. Googleアドセンスへ申請(Googleアドセンスでググる)
  3. サイト情報や個人情報を入力する(支払い先など)
  4. Googleアドセンスの審査コードを取得・設置する

ただ、ブログ開設直後に審査に申し込んでも合格するのは難しいでしょう。いくつかの準備が必要で、プライバシーポリシーページを作成したりコンテンツ(記事数)を充実させていたりする必要があります。

記事数に関して明確な規定はありませんが、最低でも3,000文字以上の記事を10記事用意しておくのがおすすめです。

Googleアドセンスの審査に合格するために必要な準備や攻略法については、以下の記事を参考にしてみてください。

Googleアドセンスで効率良く稼ぐ方法

Googleアドセンスで稼ぐ方法でもっとも効果的なのは、アクセス数・クリック率・クリック単価のうち、どこに問題があるかを突き止めて改善することです。

どこに問題があるのか見極めるためには、以下のようなGoogleアドセンスの収益が決まる公式を活用するのがおすすめです。どの部分を変えれば売上が伸びるのかを考えると、どこを直すべきかがすぐにわかります。

Googleアドセンスの収益が決まる公式

アクセス数 × クリック率 × クリック単価 = 稼げる金額

ex) アクセス数(1000PV)× クリック率(1%)× クリック単価(20円)=稼げる金額(200円)

しかまる

ページビューから大体の売上を予想する際にも使えるので、覚えておきましょう。

どこを直すべきかを見極めたら、実際に改善していきましょう。Googleアドセンスの場合、クリック単価を変えるというのは難しいので、アクセス数とクリック率の改善方法について解説していきます。

①Googleアドセンスでアクセス数を増やす方法

上記の公式の中で一番重要なのは、アクセス数を増やすことです。そもそものアクセスがないと、いくらクリック率やクリック単価を上げたところで雀の涙になってしまうからですね。

アクセス数を増やすには、主に以下のような方法があります。

  1. 読者の悩みを解決するような集客記事を増やす
  2. SNSなどを活用して流入経路を増やす
  3. 記事の検索順位を上げる

①読者の悩みを解決するような集客記事を増やす

集客記事とは、「集客」に特化した記事のこと。主に読者のお悩み解決が目的となる記事のことを指します。

例えば筋トレブログの場合、「筋トレってどんな効果があるのかな?」という疑問を解決する「筋トレ 効果」のキーワードを使って書いた記事が集客記事ですね。

集客記事は、商品の販売が目的の収益記事と比べて検索上位になりやすく、記事をクリックしてもらいやすいのが特徴。クリックしてもらいやすいタイトルにするなど工夫を凝らし、アクセス数を増やしましょう。

②SNSなどを活用して流入経路を増やす

アクセス数は、Googleの検索結果以外の場所で集めるという方法もあります。特に選んだジャンルが激戦区で強いライバルばかりがひしめいている状況の場合、SEOで真っ向勝負しても勝ち目はありません。

それよりも、SNSやYouTubeをブログと連携してライバルが少ない環境で戦うのが、ブログ初心者をはじめとした弱者が取るべき戦略です。

具体的には、ブログと同ジャンルのSNSアカウントを作成して発信し、しばらく経ったらSNSアカウントで記事をシェアしましょう。何度もやると宣伝目的と思われてしまうので、必要なタイミングでのみシェアするのが効果的です。

③記事の検索順位を上げる

もっともシンプルで堅実な方法は、記事の検索順位を上げることです。とはいえ、「これをやれば絶対に上がる」という魔法のようなものはなく、効果があるとされる方法を地道に積み上げることが大切です。

その方法の総称が、SEOライティングです。内容としては、タイトルや見出しにキーワードを入れたり、読者にわかりやすいような文章を心がけたりといったさまざまな工夫があります。

しかまる

このような小さな積み重ねを続けることで、検索順位が上がってアクセス数が向上する可能性が高まります。

②Googleアドセンスでクリック率を増やす方法

次に、広告のクリック率をどのようにあげるか考えましょう。クリック率が上がると、比例して売上もあがっていきます。主な対策方法は以下の3つです。

  1. サイトに違和感のない広告サイズにする
  2. 広告をクリックされる場所に貼る
  3. 広告を貼りすぎない

①サイトに違和感のない広告サイズにする

なかなか気づきにくいですが、サイトに違和感のない広告サイズにすることはクリック率を高めるうえで重要な要素です。

広告のサイズについて、以下のように考えてはいませんか?

  • 広告が大きければ目立ってクリックされるだろう
  • 画面全体からはみ出たら間違ってクリックされるだろう

結論から言うと、どちらも間違いです。そもそも、広告はユーザーからすると邪魔な存在。いらない広告がたくさん出てきたら読む気が失せますよね。もう一度見たいとはならないので、ファンになってもらえません。

なので、広告は邪魔にならないサイズが必須条件となります。どのサイズが良いのかわからない場合は、自動で適切なサイズにしてくれる「レスポンシブ広告」を使いましょう。

②広告をクリックされる場所に貼る

クリックされる場所に広告を配置することも重要です。具体的にどこが良いのかまだわからない方のために、僕が4年以上やってきて広告のクリック率が高かった場所を紹介します。

クリック率が上がる広告配置

  1. 記事の最初の見出しの前(h2)
  2. 記事の中盤
  3. 記事の終わり

特に、一番おすすめなのは「記事の終わり」で、もっともクリック率が高かった場所がここです。初心者の方でどこに貼ったらいいのかわからない人は、まずこの3箇所に貼ってみましょう。

記事の終わりは、記事を読み終わってすぐの位置です。意識が記事から移るタイミングで広告を見ることで、広告に意識がいきやすくなるのでクリック率が高まるというイメージですね。

③広告を貼りすぎない

見出しが変わる度に広告を貼る人がいますが、効果がないどころか邪魔になってしまい逆効果なのでやめた方が良いでしょう。

初心者ブロガーの方はやりがちですが、「広告を貼りまくる = 稼げる」ではありません。間違ってクリックされることもあるかもしれませんが、誤クリックは報酬が増えず、逆に広告単価が下がってしまいます。

場合によっては、これまで20円ほどの単価だったのに間違ってクリックされ続けて制限がかかり、1円にまで落ち込むこともあります。1円で100クリックなら100円、20円で100クリックなら2,000円なので、差額として売上が1,900円も変わってしまうのです。

前述した通り、記事の最初の見出し前や記事の最後だけに広告を貼る方が稼げます。間違って押してもらうのを期待するのではなく、適切な数や場所に配置して読者に必要なタイミングで押してもらうことが重要です。

しかまる

広告を貼りすぎないように注意しましょう。

まとめ:アドセンスで稼ぐ方法はアクセス数かクリック率の改善

というわけで、今回はGoogleアドセンスの始め方から稼ぎ方までを解説しました。

本記事の要約

  • Googleアドセンスの仕組みとは
    • 販売会社(広告主)がGoogle社に広告の掲載依頼をする
    • Googleが広告内容に違反や条件の相違がないかチェック
    • 成約してくれそうなサイトをGoogleが選定
    • 広告にマッチしたブログに広告を掲載
    • 掲載された広告がクリックされる
    • 掲載ブログにクリック報酬が支払われる
  • Googleアドセンスの始め方2ステップ
    • ①独自ドメインを取得する
    • ②Googleアドセンスの審査を受ける
  • Googleアドセンスで稼ぐ方法
    • ①Googleアドセンスでアクセス数を増やす方法
      • ①読者の悩みを解決するような集客記事を増やす
      • ②SNSなどを活用して流入経路を増やす
      • ③記事の検索順位を上げる
    • ②Googleアドセンスでクリック率を増やす方法
      • ①サイトに違和感のない広告サイズにする
      • ②広告をクリックされる場所に貼る
      • ③広告を貼りすぎない

Googleアドセンスはブログ初心者でも比較的収益化しやすい広告です。

報酬単価が少なめなので大きく稼ぎたいならASPを利用するのがおすすめですが、まずは小さな成功体験を得たいという方はアドセンスで収益化をするのもありでしょう。

Googleアドセンスで稼ぐ方法としては、アクセス数とクリック率を改善することが重要です。もし膨大なアクセス数を得られるようになれば、アドセンスだけでもかなり稼げるようになる可能性もあります。

しかまる

とはいえ、まずは審査に合格することが大切なので、しっかり準備や対策をしてから審査に臨みましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる