有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【副業Webライターの全容】未経験から始める手順3つとスキルアップのコツ

しかまる

副業Webライターはどんな仕事をするの?自分にもできるのかな…。

今回はこんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 副業Webライターの仕事内容
  • 未経験Webライターの収入目安
  • 副業Webライターのメリット、デメリット
  • 副業Webライターとして働く際のリスク
  • 未経験から副業Webライターを始める手順3ステップ
  • 副業Webライターとしてスキルアップするためのコツ4つ

この記事を書いている僕は、副業で本業以上に稼いだ起業家。Webライターとしての経験もあり、今では発注者側になりました。

本記事の執筆者

しかまるTwitterアカウント

Webライターとは、サイト上のあらゆるコンテンツ文書を執筆する人のこと。特別なスキルや知識は不要なので、副業を含めて誰でもチャレンジしやすい職業でしょう。

とはいえ、最初のうちは収益が上がりづらかったり、会社にバレるリスクがあったりと、副業ならではの大変さがあることも事実です。

Webライターとして稼ぐコツやリスク対策を知らないままでは、正直一人前のWebライターを目指すのは難しいでしょう。

そこで今回は、副業Webライターの仕事内容やメリット・デメリット、副業Webライターを始める手順、スキルアップのコツまですべてお伝えしていきます!

目次

副業Webライターの仕事内容

まずはじめに、副業Webライターの仕事内容について見ていきましょう。

WebライターはWeb上の文章を書く職業なので、「執筆」が主な仕事内容です。

仕事の進め方としては「クライアントから依頼を受ける→記事を執筆する→収入を得る」といった流れ。

ただし、ライティングする「ジャンル」にはたくさんの種類があります。

例えば以下のようなものですね。

  • SEO記事
  • 取材記事
  • ニュース記事
  • LP
  • YouTubeなどの台本
  • コラム

また、受注する仕事によっては構成づくりや画像選定まで請け負う場合もあります。それぞれに必要なスキルや知識は異なりますが、できることが増えると執筆だけよりも得られる収入は上がるでしょう。

いずれにせよ、Webライターの仕事はどんな内容であれ基礎知識さえ身につければ、あとは実践しながらスキルアップしていくものばかりです!

しかまる

特別な知識やスキルがなくても、誰でもスタートできることがWebライターの魅力です。ぜひ怖がらずにチャレンジしてみてください!

未経験でも副業Webライターとして稼いでいける?

副業でWebライターとして仕事をこなす際に、「自分でも本当に稼げるのかな…」と不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

しかまる

そこで、ここからは未経験でも副業Webライターとして稼いでいけるかについてお話しします。

結論、未経験でも副業Webライターとして収益をあげるのは十分可能でしょう。なぜならWebライターの仕事は、基礎さえおえたら誰でもすぐにスタートできて、書いた分だけ収入が得られるからです。

以下の収益目安表をご覧ください。

文字単価執筆本数と文字数収入目安
1文字0.5〜0.9円3,000字×5記事7,500〜13,500円
3,000字×10記事15,000〜27,000円
3,000字×20記事30,000〜54,000円
1文字1.0〜1.5円3,000字×5記事15,000〜22,500円
3,000字×10記事30,000〜45,000円
3,000字×20記事60,000〜90,000円
1文字1.6〜2.0円3,000字×5記事24,000〜30,000円
3,000字×10記事48,000〜60,000円
3,000字×20記事96,000〜120,000円

副業Webライターの多くはクラウドソーシングから初めて仕事を受注しますが、未経験であれば、最初は文字単価1円未満の仕事しか取れないケースがほとんどです。

しかし、表を見ても分かるように、たとえ文字単価1円未満であっても3000字を10記事書いたら15,000〜27,000円の収益が得られます。

つまり、未経験であっても基礎さえおさえれば、最初から1万円稼ぐことも十分可能です。

実績を積んだら文字単価アップの交渉もできるため、Webライターだけで月10万、20万も夢ではありません。

しかまる

実践しながらどんどんスキルアップして、稼げるWebライターを目指しましょう!

副業Webライターとして働くメリット・デメリット

次に、副業Webライターとして働くメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

副業Webライターとして働くメリット

副業Webライターとして働く主なメリットは以下の通りです。

副業Webライターとして働くメリット

  • スキルに応じて収入が増える
  • 専門的なスキルが身に付く
  • 本業で培ったスキルが活かせる
  • 時間や場所を気にせず働ける

この中でも特に、「専門的なスキルが身に付くこと」は非常に大きなメリットと言えるでしょう。

Webライターの仕事をしていると、その過程でさまざまなスキルが身に付きます。例えば以下のようなものですね。

  • ライティング
  • マーケティング
  • SEO
  • セールス

これらのスキルを磨くと、自分で商品を販売したり、ブログでアフィリエイト収入を得たりと、Webライター以外でも「個人で稼ぐ力」がつきます。

しかまる

Webライターはスキルを磨くほど収入アップが期待できるため、副業で稼ぎながら将来性も高めているでしょう。

副業Webライターとして働くデメリット

対して、主なデメリットは以下の通りです。

副業Webライターとして働くデメリット

  • 時間管理が大変
  • 実績、スキルがないうちは文字単価が低い
  • ライバルが多い

Webライターは簡単に始められる仕事ですが、その分ライバルが多く、初めは単価も上がりづらいため低収入の時期が続くことも珍しくありません。

実績やスキルがないうちは、受注案件のほとんどが文字単価一円未満でしょう。

しかし逆に言うと、スキルを磨いて高めていけばクライアントからも評価されるため、文字単価を上げていけるということです。

しかまる

Webライターは自分次第で収入を増やせるので、まずは諦めずにコツコツ実績をつくりましょう!

会社が副業禁止ならWebライターの仕事がバレるリスクも加味すること

なお、副業Webライターとして仕事をするならリスクも加味しておく必要があります。

あなたが副業禁止の会社に勤めている場合、Webライターの仕事がバレる可能性がゼロではないからです。

とはいえ、あくまでも「可能性」なので圧倒的に稼がないとバレにくいことも事実です。

しかまる

リスクをなるべく回避するたに最低限の対策は取りましょう。

例えば以下のような対策ですね。

  • ライター業で本名や顔写真は使わない
  • 確定申告で住民税の徴収方法を「自分で納付」にする
  • SNSに投稿しない
  • 不用意に周りの人へ副業の話はしない

できる限りの対策を取り、安心して副業Webライターの仕事に取り組みましょう。

なお、詳しい対策については僕のVoicyでも紹介しています。気になる方はあわせてチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる