有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【設計図作成】あなたのブログには「稼ぐビジョン」がありますか?【5ステップ】

しかまる

ブログで稼げる気がしない。稼ぐ手順がまったくイメージできない。

こんな悩みを解決します。

ブログで稼ぐために重要なことは「毎日更新」ではなく「稼ぐための設計図」です。つまり、ブログの設計図を事前に作っておく必要があります。

この工程をサボってしまうと、ゴールの無いマラソンのようにずっと闇雲に走り続けなくてはいけません。ぶっちゃけ、絶対に心が折れます。なので、下記のようなことを事前に決めておきます。

目次

ブログは設計図がないと稼げません!

YouTubeでも徹底解説
設計図5ステップ
  1. 何の商品を売るのか?
  2. 誰に売るのか?
  3. 記事を見てもらう方法は?
  4. 買いたいと思ってもらう方法は?
  5. ファン(リピーター)になってもらう方法は?

この5つを考えてブログで稼ぐための設計図を作っていきます。記事を書くだけではなく「誰にどんな商品を売るのか」そして「集客」はどうするのか。計画を立てていく必要があります。

しかまる

最初からブログの設計図を作っておくことで、稼げるまでのスピードは圧倒的に早くなります。

なので、まずはこの動画をみて自分なりの設計図を作ってみましょう。

ブログ設計①何の商品を売るのか?

しかまる

ブログで売る商品をASPから決めましょう。

例えば、筋トレブログを書いているのなら、ジムの入会やグッズを選ぶ感じですね。

「Amazonじゃダメなの?」と思われるかもですが、Googleアドセンスをはじめ初心者さんが稼ぐには膨大なページビューが必要になるので、すこし難易度が高いのです。

逆にASPは報酬単価が高いので、初心者さんやアクセスが少なかったとしても、興味のあるユーザーをあなたのブログに連れてくることができれば「数万のページビュー」で何十万の売り上げを出すことができるのです。

商品を選ぶことで、

・報酬がイメージできる
・書くべき記事がイメージできる
・各ジャンルに売る商品があるかわかる

例えば、1件5000円だとして目標が月5万だとしたら、月そのASPを10件売れば目標達成できるとイメージできますよね。

書くべき記事がイメージできる

たとえば売る商品を「ジムに入会」としたら、このジムに入りたいと思ってもらうにはどういう内容を書けばいいのか考えることができます。

ジャンルに売る商品があるかわかる

あなたの書くジャンル、すでに書いているジャンルに売る商品があるかどうかがわかります。

実際にあった最悪なパターンをお話すると、記事を100本以上書いたあとに広告が何もないと気付いて「うわ!このブログ何も稼げないじゃん!」といった経験があります。

しかまる

ぼくのように失敗をしないためにも、何の商品を誰に売るのかしっかり設計していきましょう。

ブログ設計②誰に売るのか?

商品が決まったら次は「誰に売るのか」「どんな人に売るのか」決めていく必要があります。そうすることで、どんな記事を書くべきか明確になります。

例えば、あなたが美容ブログを書いたとしましょう。そのときに誰に向けて書くのか、誰に向けて売るのか決めていないと、ターゲットによっては混乱してしまいます。

20代サラリーマン(男性)と20代主婦(女性)に向けて書くのは、記事の書き方や訴求のやりかたが変わってきますよね。男性の美容グッズを女性に向けて売りませんし、逆も同じです。

ターゲット決定の重要性については下記の動画で詳しく解説しています。かなり重要なので合わせてご覧ください。

YouTubeでも徹底解説

設計③記事を見てもらう方法は?

簡単に言うと、あなたのブログや記事をみなさんに知ってもらうには「どういう手段」を使えばいいのか。これを考える必要があります。

良い記事を書いたとしても、読まれないと何の意味もないのです。しっかり対策をしないと、まったく稼げないブログが出来上がってしまいます。

しかまる

なので、やるべきはあなたのブログを見てもらう「工夫」が必要になります。

方法は主に2つです
  1. SEOで検索流入を狙う
  2. SNSで認知される

SEOで検索流入を狙う

SEOに関しては、下記の動画で「基礎的な知識」をはじめ、すぐに使えるテクニックの話を網羅的にしていますので、合わせてご覧ください。

>>【SEO超入門】サイト構造を理解しないと、書いた記事はすべて無駄になる!

>>【ブログ超入門】SEOライティング3つのコツ【稼げるブロガーはやっている】

SNSで認知される

「SNSを頑張るメリットって?SEOに関係ないけど意味あるの?」と思う人もいますよね。例えば、TwitterやInstagramを頑張れば、SNS上で「この人はこの分野に詳しい」という権威性を獲得できるのです。

・ブログに関してはしかまるさん
・筋トレに関してはしかまるさん

このようなポジションを獲得できれば、あなたの言葉が響きやすくなります。それに、SNSが伸びてフォロワーさんが増えるとブログを見てくれる人も増えるので、当然アクセスは増えていきますよね。

同時にブログの信憑性もアップするのです。すでに実績を出している人が詳しい情報をSNSで発信すると、何もSNSをしていない人よりも圧倒的に有利な立場でスタートすることができるのです。

設計④買いたいと思ってもらう方法は?

結論からいうと、セールスライティングを勉強しましょう。セールスライティングで一番使いやすいのは「PASONAの法則」です。

どれだけいい商品や価値のあるものを紹介していても、読者さんに「いい!」「買いたい!」と思ってもらえなければ稼ぐことは出来ないのです。

しかまる

当たり前ですが、記事にセールスライティングがあるかないかで売り上げは大きく変わるので超重要です。

詳しくは下記の動画で解説しています。PASONAの法則、PPCの法則、QUESTの法則など色々紹介していますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

YouTubeでも徹底解説

設計⑤ファン(リピーター)になってもらう方法は?

今までウェブで稼ぐというのは、商品を売りつけたり、売ってしまったら終わりという方がたくさんいます。結論いうと、このような発言している人とは関わってはいけません。

読者に対して価値提供をする気がないですし、読者からすると最悪の売り手になります。それに、売る側もまったくメリットはありません。

しかまる

その人にとって役に立ついい商品を提供してあげたり、悩みを解決してあげることであなたへの信頼がアップします。

すると、「はじめに紹介してくれた商品はいいものだから2つ目もまた買おうかな!」と思ってもらえるのです。リピーターを獲得できるようになることが、ウェブの世界で生き残るには重要になります。

やることを整理すると以下のとおり。

やることは3つ
  1. 読者に価値のある記事を提供し続ける
  2. SNSやYouTubeでなどであなたの信頼を挙げる
  3. 知名度を上げる

SNSやブログ、YouTubeでも何でもいいのですが、このジャンルに対して「この人の情報は良いな、価値があるな」と思ってもらい続けること大切です。

しかまるのブログ論って怪しいなと思っていた人も、ぼくのノウハウで実績が上がった人が出てくると、このように変化します。

・この人のノウハウ正しいから信頼できるな
・仮面をつけて怪しいけど信頼してあげるか

こんな人が増えてくるので、どんどん知名度があがってくるのです。自分のジャンルでやっていくことでファンが獲得できるということですね。

しかまる

今はいい商品だから買うではなく「誰から商品を買うのか」が重要です。

昔はこの商品が人気だから買うことが多かったですが、現在はあの人が言うなら信頼ができるので買おうという人が圧倒的に多くなってきています。

例えば、使ったことがないとバレている芸能人がおすすめというよりも、ジャンルについて知識があって詳しい人がおすすめっていうほうが「この商品に詳しい人が言うのなら間違いなさそう」と思ってもらえるのです。

なので、あなたのことを信頼してくれる人を増やす活動をしていきましょう。そのジャンルで稼ぎたいからと言って、薄っぺらい内容を発信するだけではダメです。

・誰かにとって役に立つのか
・誰かの人生が変わるのか

ここまで考えて本気でコンテンツを作ります。きれいごとに聞こえるかもですが、これができない人は一時的に稼げるものの信頼はすぐに失墜します。

やるべきなのは、価値のある物を読者さんに提供することです。自分のブログに置き換えて、何が価値提供できるのか考えて設計していきましょう!

まとめ:ブログは読者の人生を変えるコンテンツにする

ブログの記事は誰かの悩みを解決して、人生を変えるようなコンテンツを作りましょう。大袈裟かもしれませんが、これぐらいの気持ちで作ればその他大勢の人たちには絶対に負けないコンテンツが作れます。

しかまる

最初は下手でもいいんです。遅くてもいいんです。確実に人の人生が変わるコンテンツを積み上げていきましょう。

次回、第5回は「ブログで稼げるジャンル3選【選択を失敗すると地獄】」についてお話します。

ジャンル選びは失敗するとブログでまったく稼げない原因となってしまいます。自分にピッタリの稼げるジャンルを選定することがとても大切です。第5回で徹底解説します。

しかまるWebスクール
ページが見つかりません。 | しかまるWebスクール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる