有料級ノウハウをYouTubeで公開中‼詳しくはこちら

【超入門】副業ライターで月5万円稼ぐ方法【動画+テキストで学ぶ】

しかまる

副業でライターを始めたいけど稼ぐ秘訣が知りたい!ライターの仕事はどこで探せばいいの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. ライターなら初月から副業収入5万円を目指せる
  2. 副業ライターが月に5万円稼ぐ方法とコツ
  3. 副業で取り組むライター仕事の始め方
  4. 副業ライターはメリットが大きすぎる話

本記事の執筆者

しかまるのプロフィール

この記事を書く僕はブログ歴が約2年。今まで1,000記事近く執筆してきて、文章で月50万円ほど稼いでます。

自分の書いた文章でお金を稼ぐ、代表的な職業といえば、「ライター」。

誰でも稼げるなんて言われてるけど本当なの?僕がそう聞かれたら、「5万円ぐらいなら余裕」と答えるでしょう。

上手な文章の書き方が分からなくても、大丈夫。ライターはすぐに始められますし、初月5万円も夢ではありません。

というわけで、今回は副業ライターで5万円を稼ぐ方法やコツと仕事の始め方、ライターの仕事で得られるメリットなどについて解説していきます!

目次

副業ライターでも初月5万円は実現可能

YouTubeでも徹底解説

冒頭でもお話した通り、副業ライターが初月から5万円を稼ぐのは決して難しくありません。

なぜなら、ライターで月5万円ぐらいのレベルなら、そこまで特別なスキルは求められない上、高度な文章テクニックも必要ないから。

もちろん、最初は結構大変です。「こんなに頑張ったのに、たった〇〇円か…」というように、早い段階で挫折してしまう人も少なくありません。

でも、ライターって、根気さえあればわりと誰でも挑戦できるし、普通に稼げる副業なんですよ。

しかまる

この記事を読み終わってすぐに案件を受注して、1本でも書けば、今日中にでも数千円は稼げます!

ブログやプログラミングなど他のビジネス比べ、ライターで5万円稼ぐのは現実的かつ簡単だと言えますね。

副業ライターとして初心者が稼ぐ秘訣は文章に慣れること

文章作成に慣れていくことは、ライターとして成長する一番の近道です。

これは、何も文章の書き方を勉強したり、練習したりしろという意味ではありません。むしろ、そんなことに時間を割くのはめちゃくちゃ勿体ないです。

つまり何が言いたいかって、今すぐにでも案件に応募して、実際に仕事をしながらスキルを上げていってくださいということ。

「文章に慣れる」それこそが、ライターで稼ぐ秘訣ですよ。

断言しますが、文章はとにかく書いて書いて、書きまくっていれば、絶対に上達しますし、執筆速度も上がり、より効率よく稼げるようになるのです!

副業ライターの勉強は本を2冊読めばOK

とはいえいきなりライターの仕事を始めるのは不安だなぁ、っていう方は、webライティングに関する本と文章術の基礎が学べる本を1冊ずつ読んでおけばOKです。

具体的におすすめなのは、以下の2冊ですね。

  1. 沈黙のwebライティング
  2. 文章力の基本

副業で5万円稼ぐレベルなら、これだけ読んでおけば問題ありません。

特に、「沈黙のwebライティング」は、文章の書き方からSEOの知識まで学べるので、読む価値はかなり高いですよ!

副業ライターが5万円稼ぐ方法とコツ

では、副業ライターが5万円稼ぐためには具体的にどうすればいいのかというお話なのですが、その3つのポイントを詳しく紹介していきましょう。

  1. 自分の得意ジャンルの案件・継続案件を狙う
  2. 作業量の目安は1日2本・4時間でOK
  3. 初心者なら文字単価1円以上の案件は避けるべし

①自分の得意ジャンルの案件・継続案件を狙う

副業ライターが稼ぎたいなら、案件選びはめちゃくちゃ重要です。

そもそもですが、ライティングの種類は大きく分けて以下の5種類。

  1. SEO(ブログ)ライティング
  2. セールスライティング
  3. 美容・医療・ファッション等の専門ライティング
  4. コラム
  5. シナリオライティング

初心者の副業ライターが取り組むのは主にSEOライティングや専門分野に関するライティング、コラムなどが一般的ですが、結局どんなライティングでも共通して様々なジャンルがあるんですね。例えば金融、美容、インテリア、子育てなど。

当然ですが、自分の得意ジャンルの案件なら仕事の獲得や執筆もスムーズですし、さらに伸ばしていけば今後あなたの強みにもなります。

得意ジャンルといっても、難しく考える必要はありません。こんな経験あるなとか、こんな仕事あるなとか、興味があるなとか、ただ単に「好き」っていうだけでもOKです。

しかまる

まずは、受注する案件のジャンルを絞ってみてください!

さらに、そのようなジャンルの案件を継続受注できるようになれば、副業収入はもう安定したようなものですね。

ちなみに、FPや医師、看護師、美容師などの資格を保持していたり、何か特別なスキルを持ち合わせていたりする場合はめちゃくちゃ貴重な人材になれるので、早いうちから割と簡単に稼げますよ。

②作業量の目安は1日2本・4時間でOK

副業ライターで5万円を稼ぐなら、1日4時間ぐらいがベストでしょう。内訳はこんな感じ。

  • 文字単価0.5円
  • 週5日作業
  • 1日3,000文字×2件

1日4時間ほどの作業時間なら、会社から帰って夜寝るまでの時間や通勤時間の活用で十分確保できるはずですし、または休日にガッツリ作業してもOKなので、現実的ではないでしょうか。

ちなみに、仮に文字単価1円の案件なら月に5万文字、週なら約12,000文字(4週計算)で5万円突破します。週に4日作業するなら、3,000文字×1本でOKなので、1日あたりの作業時間は1~2時間ですね。

なお、ライターは歩合制のお仕事なので、やればやるほど稼げます。ぶっちゃけ、初月から10万円稼ぐ副業ライターも全然珍しくありません。文字単価が低くても、作業時間を増やせばいいだけなので。

しかまる

本気で稼ぎたいならまずは鬼作業です!

③初心者なら文字単価1円以上の案件は避けるべし

正直ライターとして稼いでいきたいならまずは1円以上の案件を目指すべきですが、初めから1円以上の仕事を請け負ってしまうと、逆に挫折します。

なぜなら、1円以上の案件はそれ相応のスキルが求められるから。

あなたにいくら文章力の自信があっても、webライティングやSEO特有の知識やスキルはまだ揃っていないはず。作文や読書感想文とは違いますからね。

なので、初心者ライターはまず、0.5円~0.9円ぐらいの案件に挑戦し、経験を積んでから単価アップを狙っていきましょう。

副業で取り組むライター仕事の始め方

副業でライターの仕事を始める方法はいろいろありますが、最初の入り口として一般的なのはクラウドソーシング。

クラウドソーシングについて簡単に説明しておくと、「仕事を発注したい人」と「仕事を受注したい人」をweb上で繋げるサービスのこと。

仕事を始める手順としては「クラウドソーシングに登録する→案件を探す→提案(応募)する→採用される→記事の執筆を始める」といった感じですね。そして納品が完了次第、報酬が支払われる仕組みです。

なお、副業ライターが絶対に登録しておくべきクラウドソーシングは、知名度の高い以下の2サービス。

副業ライターが登録すべきクラウドソーシング

:初心者向けの案件が豊富


・ランサーズ:業界大手

まずは、この2つに登録しておけば間違いありません。

ちなみに、ライターの仕事はTwitterにも結構溢れているので、そちらも同時にチェックしておくと良いです。

しかまる

ただし、SNSでの仕事受注が不安な方は、安心安全のクラウドソーシングを使うのがベストですね!

副業ライターは得られるメリットが大きすぎる話

次に、ライターの仕事で得られるメリットが大きすぎる話をしていこうと思うのですが、ライターってめちゃくちゃコスパの高い仕事なんですね。

パソコン一台でお金を稼げるので、そこは当然魅力的ですが将来性もかなり高いんです。

副業ライターのメリット

  • SEOやマーケティングの知識が無料で身に付く
  • 文章スキルが向上する
  • ブログなどに比べ収益化までの速度がかなり速い
  • 自分の頑張り次第でガッツリ稼げる
  • フリーランスのライターも夢じゃない

個人的に1番のメリットだと思ってるのは、SEOやマーケディングを無料で学べることですね。

お金を稼ぎながら、将来自分の資産となるようなスキルが身に付いちゃうのです。

しかまる

本業での収入・評価アップにも繋がります!

特に、今後自分のブログを運営したいとか、web業界で活躍したいと思ってる人なら、絶対に取り組むべきですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる